会社に行っても仕事がない

会社に行っても仕事がない

会社に行っても仕事がない

会社に行っても仕事がない!会社で行われた、新入社員向けのエンジニア研修は、思っていた以上に濃い内容でした。

2か月間のjava研修では、単体のアプリケーションを10個以上、そして数名でグループを組んで大がかりなWEBシステムも作り上げました。

また1か月間のネットワーク研修でも、L2、L3スイッチや負荷分散装置(ロードバランサ)をつかって、いろいろな検証作業をすることでTCP/IPの理解を完全なものにできました。

技術的なことももちろんそうですが、一番の収穫は、エンジニアとしてやっていける自信につながったことでした。

いよいよ、配属先の発表の日が近づいてきました。転職マニアは、WEB開発事業部もしくは、ネットワーク事業部を希望していました。

とりあえず、本社で待機

3か月間のエンジニア研修も無事最終日を迎え、いよいよ配属先の発表の日がやってきました。

新入社員1人1人に1枚の紙が手渡され、その用紙に配属先の事業部名が記されているとのことでした。

転職マニアは、わくわくしながら自分の手元に紙が配布されるのを待ち、配布された瞬間はそこに書かれている内容を食い入るように見ました。するとそこには、

社員#2087(転職マニア) 配属先  本社5階

とだけ記載がありました。

あれ、本社5階ってここじゃん。事業部はまだ決まっていないのか?

どうやら、周りのほとんどの社員も配属先に事業部の名前の記載がなく、明日以降もいまいる本社5階に出社するようにと書かれているようでした。

転職マニアは、すぐに新入社員の研修担当の先輩社員に、どういうことなのかを聞いてみました。

すると、まだ配属先を決めても割り当てる仕事がなさそうだから、とりあえず本社で待機していてほしいそうです。という返事が返ってきました。

やるき満々だった転職マニアは肩すかしを食らった気がして、少し呆然としてしまいました。でも会社の指示なので、明日もとりあえずこの研修場所に集合しなければいけません。

明らかに大量採用のツケ

次の日、転職マニアは本社5階に出社しました。
30人ぐらいでしょうか。一緒にエンジニア研修を受けた顔なじみの同期の姿も見えます。

すると、昨日まで研修を受けていた部屋の隣の部屋に全員案内されました。

初めて入るその部屋は、研修を受けていた部屋よりもかなり広く、70人分ぐらいの机と椅子が設置されていました。

みな、適当に開いている椅子に腰かけました。中にはパソコンすら用意されていないデスクもありました。

転職マニアの机の上には、パソコンがあったので、プログラム研修の復習をひたすらやることにしましたが、定時になるころにはだんだんと飽きてきました。

研修が終わったら、客先に常駐になるんじゃなかったのか??

やる気まんまんだった転職マニアは、がっかりしました。

・・・

要するにこういうことでした。

プログラム研修を終えたばかりの新人は、当たり前ですが常駐先のお客さまの要求水準を満たしていません。

職歴がないですからね。それは当たり前なので、通常はOJTをかねて、数か月の間は先輩社員のそばで、ほぼ単価ゼロ円でただ働きさせられるのが通常のパターンだったようです。

そして、数か月間のOJTが終わって、はじめてお客さんから認められて、客先から会社へ人件費が払われるってことのようでした。

しかし、常駐先にあまりにもOJTの新人が増えすぎたため、客先からも、OJTの新人はしばらくはいらないと言われてしまったようでした。

たしかに、数か月間は人件費なしだとしても、働けない社員が多すぎたら現場の仕事に支障をきたしますからね。

そんなわけで、人が余り気味の状態ってわけで、本社の空いてるスペースに、ほとんどの新人の同期が待機してるって異様な状態になってしまったってわけです。

明らかに大量採用のツケを払っている状態なわけで、転職マニアはすごく会社の将来に不安を抱えてしまいました。

こんな状態が数週間続いたのですが、そんな転職マニアに思わぬ転機が訪れました。

既存のシステムにルーターを1台追加する案件があり、転職マニアに白羽の矢が立ったのです。

作業は北海道で行われるため、出張になるのですが、作業内容が

  • 既存のシステムにCISCOのルーターを1台組み込む
  • 作業工数:1人日(転職マニア一人で対応)
  • 実務経験がなくても新人研修で習得したスキルで対応可

となっていたため、まだ現場経験がないにもかかわらず、急遽転職マニアは一人で北海道に出張することになりました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ