就職・転職に失敗した人へ

就職・転職に失敗した人へ

就職・転職に失敗した人へ

就職・転職に一度失敗してしまうと、絶望感に突き落とされるのが、この日本という国の特徴です。

最初に就職した会社が、なかなか昇給しなかったり、残業代が支払われなかったり、ブラック企業だったり、経営が傾いたり、倒産したりすると、転職することを余儀なくされますが、日本国内で転職可能な年齢は特殊な場合を除き30代半ばぐらいまでとなります。

もし皆さんがまだ20代前半で、就職活動を通して最初に入社した会社が大外れだった場合、早めにその会社に見切りをつけ、今すぐ転職活動を始めることをおすすめします。
20代前半だと、「第二新卒採用」として受け入れてくれる会社も少なくないため、第二新卒枠に狙いを定めて早めに動き出す必要があります。
年齢的に第二新卒採用の対象でなくなった場合は、キャリア採用での転職しか残されていないため、転職したい企業の求めるスキルセットを満たすために、今の会社で頑張ってスキルを伸ばすしかありません。

なので、最初に入社した会社が最悪だった場合で、第二新卒採用枠に潜り込みたい場合は、一日も早く転職エージェントに登録して、転職活動をはじめることをお勧めします。

ただし、新卒や第二新卒で運よく大企業に入社することができても、一切の大きなミスやトラブル不祥事を起こすことなく、定年まで勤め上げなければ、日本国内で今より高待遇の会社に転職できるケースは稀だと思います。

つまり、年をとるごとに、だんだんと生きにくく息苦しい世の中になってくるのが日本の現状です。悲しいですが、まずは現実を受け止める必要があります。

ただし解決策はあります。
それは自分のキャリアを戦略的に構築することです。
その大きな選択肢の一つが海外転職です。アジア転職を初めとして、今まさに発展している国、勢いのある国は、次から次へいろんな国の企業が多数進出してきます。

海外の日系企業求人に強い転職エージェント

いずれにしても、海外の会社への転職の道は、多くの人に対して開かれています。
海外の企業は、求職者を年齢、性別で区別したりしません。そういう意味で日本の転職活動よりもわかりやすく、やりやすいと感じる人も多いでしょう。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、海外の日系企業への転職に強いエージェントの一つです。
    海外の日系企業への転職に精通したコンサルタントがリクルートエージェントには約50名以上在籍しており、持っているノウハウも転職業界トップクラスです。
    日本本社から駐在員として現地で働きたい人も、海外現地採用求人を希望している人も、海外の日系企業への転職であればまずはリクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    グローバル転職に抜群の強みを発揮するアデコは、海外の日系企業への転職にも当然抜群の強さを発揮します。
    アデコは世界60を超える国と地域に、5,500拠点を展開していることからも明らかです。
    海外転職案件もとても豊富にあるので、海外現地求人や駐在員採用に興味のある人は、「転職エージェント」アデコも登録するエージェントの一つとして検討してみてください。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    JACもグローバル転職にとても強みを発揮する転職エージェントです。

    外資系企業や、海外にある日本法人に転職したい人は、活用する転職エージェントの一つにJACも検討してみることをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ