海外の日系企業求人への転職方法

海外の日系企業求人への転職方法

海外の日系企業求人への転職方法

サイト管理人の転職マニアです海外の日系企業求人への転職には、大きく2種類あります。
一つは、海外の現地日本法人に直接採用されること。そしてもう一つは日本本社に採用され、その後駐在員として現地に赴くことです。

ただし今すぐ海外で働きたいのであれば、海外の日系企業の現地採用求人に直接応募するのが確実でしょう。
海外の企業の求人は多数ありますが、あえて海外の現地日系企業の求人へ応募するメリットは、日系企業の方が一般的に転職しやすいからです。
もちろん日系でも外資でも英語が必要なことに変わりはありませんが、日本人であることがプラスに働きます。

いずれにしても、海外転職に強い転職エージェントを使っての転職活動がおすすめです。
海外転職や各国の日系現地企業にに精通しているプロのキャリアエージェントの意見を参考にしながら、海外の日系企業への採用切符を手に入れましょう。

海外の日系企業求人に強い転職エージェント

いずれにしても、海外の会社への転職の道は、多くの人に対して開かれています。
海外の企業は、求職者を年齢、性別で区別したりしません。そういう意味で日本の転職活動よりもわかりやすく、やりやすいと感じる人も多いでしょう。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、海外の日系企業への転職に強いエージェントの一つです。
    海外の日系企業への転職に精通したコンサルタントがリクルートエージェントには約50名以上在籍しており、持っているノウハウも転職業界トップクラスです。
    日本本社から駐在員として現地で働きたい人も、海外現地採用求人を希望している人も、海外の日系企業への転職であればまずはリクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    グローバル転職に抜群の強みを発揮するアデコは、海外の日系企業への転職にも当然抜群の強さを発揮します。
    アデコは世界60を超える国と地域に、5,500拠点を展開していることからも明らかです。
    海外転職案件もとても豊富にあるので、海外現地求人や駐在員採用に興味のある人は、アデコも登録するエージェントの一つとして検討してみてください。

  • 外資転職.com(JACリクルートメント)

    JACリクルートメント

    外資系の転職が得意分野のJACリクルートメントが、外資系専門に立ち上げたサービスがこの「外資転職.com」。
    JACもグローバル転職にとても強みを発揮する転職エージェントです。

    海外の外資系企業に転職したい人は、活用する転職エージェントの一つにJACも検討してみることをおすすめします。

海外に進出してる日系企業って大手が多いの?

海外には、多くの日系企業が進出しています。

業種的に見ても、製造業(医薬品系の企業、石油・石炭製品の企業、ゴム製品の企業、ガラス・土石製品の企業、食料品系の企業、繊維製品系の企業、パルプ・紙の企業、化学系の企業、鉄鋼の企業、非鉄金属の企業、金属製品の企業、機械の企業、電気機器の企業、輸送用機器の企業、精密機器の企業、商業(卸売業の企業・小売業の企業)、金融・保険業(銀行の企業、証券・商品先物取引の企業、保険の企業)、情報・通信の企業、電気・ガス業、電気・ガスの企業、サービス業、水産・農林系の企業、鉱業系企業、建設業企業、不動産の企業、運輸・情報通信業、陸運の企業、海運の企業、空運の企業、倉庫・運輸関連の企業など多数の業種の企業が欧米、アジア圏を中心に進出しています。

日産自動車、トヨタ、ホンダ、ダイハツ、三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事、豊田通商、双日、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、野村證券など日系の大企業はほとんどが海外に支社やリージョンを持っています。

いずれにせよ、海外企業の転職を検討するということは、就職・転職における職業選択肢が増えるということになるので、働くサラリーマンにとって間違いなくプラスに働きます。

行動力、機動力は高めだと自負している人は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ