一生アルバイトで生きていけるのか?将来不安と解決法

一生アルバイトで生きていけるのか?将来不安と解決法

一生アルバイトで生きていけるのか?将来不安と解決法

一生アルバイトで生きていけるのか?将来不安と解決法誤解のないように始めにことわっておきますが、アルバイトというのはとても便利な働き方だと思います。

学生時代、彼女へのプレゼントや友達との旅行などの予定がある場合、ちょっとお金が必要になります。

そんな時、大学生にもなって、親にお小遣いをせびるのは情けないですよね。

こうした場合、短期でも長期でもいいのですが、コンビニや家庭教師などのアルバイトをすることで、小金を稼いで、目的の出費に充てることができるのです。

このように、多くの人からアルバイトとしての働き方は支持されているため、その需要に比例してアルバイト関連雑誌も多く発行されているのです。

ただし、これが一生アルバイトで生きていくというと話は変わってきます。

これからアルバイターとして一生生きていくことがどのようなことなのか、収入面やメンタル面を中心に、「一生アルバイトで生きていけるのか」についての可否について、私個人の私権を交えながら書いてみたいと思います。

変に不安をあおりたくないのですが、私にも「一生アルバイトで独身を貫く!」と豪語している35歳の男性知人がいるため、その彼を思い浮かべながら書いてみます。

アルバイトだけでは食べていけない

アルバイトの求人雑誌を見ていると、正社員よりも待遇が良いんじゃないかと思われる求人を時々見かけます。

「週5日勤務、1日8時間労働、雇用保険・社会保険加入で月給20万」

といったような求人です。

大学卒の正社員の初任給が、月給18万程度だと考えると、一見アルバイトの方が給与面の待遇が良いと感じてしまいます。

ですが、待遇面はすぐに逆転し、正社員と比べたときの収入格差は大きく開いてしまうのが現実です。

まず、アルバイトには雇用期間が設定されるので、現在の仕事をこの先長く続けられる保障は全くないです。

数年ごとにアルバイト先を転々と変わるという生活を繰り返すことになるため、40歳で新人アルバイターということも普通にあります。

そのため、同じ職場で比較的長く働けて、年収が累積的に上がっていく特徴があり、転職のたびにキャリアに応じて給料アップを期待できる正社員と比べてみても、例えば

  • 40歳の正社員システムエンジニア・・・年収800万
  • 40歳のコンビニアルバイト店員・・・・年収240万

これは一例ではありますが、このように、年齢が高齢になればなるほど、差が出てしまうということです。

つまり「生涯獲得賃金」をトータルで見ても大きな差が出てしまうということになるんですね。

アルバイトの給料が安いのかどうかは、長いスパンを見るべきで、ついでに正社員が稼ぐ収入と比べると、かなり安いということが言えるでしょう。

年を取るほど実感するアルバイトの身分の不安定さ

正社員の終身雇用が崩壊したといっても、アルバイトの身分と比べるとその安定感は雲泥の差があります。

正社員は安定していて、アルバイトの身分は不安定だということです。

アルバイトは先述した通り、雇用期間が設定されていることから、現在の仕事をこの先長く続けられる保障は全くなく、雇用契約が切れるたびにアルバイト先を見つける必要性が一生続きます。

正社員も、転職が当たり前の時代ですが、そうは行ってもアルバイターのように40歳以降も年単位や月単位で何度も職場を変わるほど不安定ではありません。

50歳過ぎても、雇用契約が切れるたびに、新しいバイト先を見つけ、時として先輩の大学生アルバイターに教えを請い、敬語を使う。

これがアルバイトを一生続けることの現実の一部です。

経済的にも精神的に耐えられるかどうかがポイントになってきます。

アルバイト生活が長い人の大半が独身です

アルバイト生活が長い中高年の人を見ると、独身の人が多いです。

それには主に3つの理由があると言われています。

それは

  1. 相手に対して自分がアルバイターであることに引け目を感じている
  2. 実際に自分が生きていくことだけで精いっぱい
  3. 結婚相手の多くが安定を求めるため結婚を前提とした交際に発展しない

こういった理由です。

実際には、お互いがアルバイト生活で生計を立てているのであれば、生活できないことはないと思うのですが、自分も相手も「安定」という言葉に大きく影響を受け、結果的に独身生活が続いてしまうというのが実情のようです。

結婚して子供がいる家庭の場合、一生涯での収入のトータルが2億円ぐらい必要ともいわれています。

それを考えると、アルバイターが結婚に躊躇してしまう理由もよく理解できます。

ちなみに、アルバイト生活が長い人が既婚者のケースも少なくないですが、その多くは「体力もあり」「決断力もある」若いうちに結婚しているようです。

一生アルバイトで食べていくのは金銭的に難しい

最後に、「正社員にならずアルバイトだけで一生生活できるのか」について、私見を述べておこうと思います。

前提として、アルバイトすることで毎月の収入が18万円あると仮定します。

もしこの条件で定年まで40年近く働き続けることができるなら、アルバイトだけでも一生食べていける可能性がないわけではないと思います。

ですが、その場合でも支出面での厳しい制限を自らに課す必要が出てくるでしょう

年金も払っていないということになると、定年後の老後の生活資金も貯めなければならないため、月々の収入から一定額の貯蓄も行う必要があります。

そのため、

  • マイホームの購入
  • マイカーの購入

このような高額な出費は難しいことになりますし、そもそもローンが下りない可能性が高いです。

そして、将来自分が大病を患ったり、要介護になってしまったら、それまで質素倹約に浪費せず計画的に貯蓄していたとしても、一気に蓄えが底を尽きてしまうので、未来が予想できないだけに、将来不安が付きまとってしまいます。

そのため、正社員にならずアルバイトだけで一生生活するのはかなり難しいと言わざるを得ません。

一時的にアルバイトするのはありでも将来は定職に就くべき

ここまで、アルバイトとして働くよりも、正社員として働くのが給料も良いし、身分も安定しているため、望ましいのは言う話をしてきました。

ただし、

  • 学生は学業優先であり正社員として働くことが難しい
  • 企業を定年退職後にアルバイトとして再雇用してもらう
  • 子育てが忙しくて、正社員として働くのは物理的に難しい主婦

など、アルバイトして働くのが望ましいケースは誰にとっても出てくると思います。

アルバイトと正社員のどっちが良いのかについては、このように「自分が今現在どのような立ち位置にいるか」で判断が分かれてくることになると考えられます。

そのような明確な理由がない限り、20代の若いころからダラダラとアルバイトを何年もつづけるのは、安定した将来を築くためにも決しておすすめはできません。

20代がアルバイト生活を抜け出し正社員転職するとっておきの方法

  • 若者正社員チャレンジ

    若者正社員チャレンジ

    人材業界最大手のパーソルキャリア株式会社が提供しているサービス「若者正社員チャレンジ」は、「正社員として働きたい」という気持ちを抱きながらも、何らかの理由で、ニート、フリーター、派遣社員、パート、無職状態を続けている「29歳以下の若者」に対して、「実習先企業」での実習を通して、正社員就職につなげるための画期的なサービスです。

    若者正社員チャレンジの応募対象者としては、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3 年以上が経過した29 歳以下の求職者で、「卒業後就職・就業経験がない方」「卒業後、非正規での就業経験のみの方」「直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方」に限定されますが、正社員として働きたいという方は1日も早めに参加(登録)されることを強くおすすめします。

  • JAIC

    DODA

    「JAIC」は、20代の既卒の就職に強みを持っている就職支援サービスになります。
    そのため、現在アルバイト生活の人であってもまだ20代であれば、その若さとポテンシャルを期待している企業への橋渡し的な役割を担います。
    JAICは、若者を優良企業の正社員職に導くサポートに徹することを使命としているのですが、これまでに12000人以上の正社員就職の支援実績数があり、その就職成功者の割合は、80%を超えているそうです。
    現在20代であればアルバイターでも正社員就職の支援をしてくれるので、ブラック企業求人も多いんじゃないか?と心配される求職者もいらっしゃると思いますが、JAICでは、「未経験OKの優良企業」だけを紹介するということを特徴としているので、安心して利用できるのではないかと思います。
    「20代のアルバイターが今すべきことは何なのか」「職歴がないため面接に不安がある」「アルバイトしか経験ないから履歴書や自己PRをどのように書けばよいのか」・・・など、アルバイターならではの質問や不安を、JAICのプロのコンサルタントにどんどん聞いてみましょう!

    20代のアルバイター、既卒者の転職であれば、まっさきに活用を検討すべき転職支援サービスになります。

  • ハタラクティブ

    ハタラクティブ

    「20代のアルバイター、既卒、未経験からの正社員就職」を掲げるハタラクティブは、20代のアルバイターが就職するうえで大きな手助けになってくれるでしょう。
    未経験OKの求人案件を1000件以上抱えていることもあり、20代のうちにアルバイト生活を卒業したいと思っている人はぜひ活用すべき就職支援サービスだと思います。
    ハタラクティブは、JAICに次いでおすすめな20代アルバイターの就職支援サービスだと感じています。

    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • 第二新卒ナビ

    第二新卒ナビ

    「第二新卒ナビ」は、既卒、アルバイター、第二新卒者の転職に特化した転職支援サービスです。
    コンサルタントによるサポートがとても親切丁寧なことが特徴的で、その結果、求人企業への書類通過率が87%と高いレベルを維持しています。
    そのため、第二新卒ナビはじっくりと転職活動をすすめたい、既卒者やアルバイターにとっておすすめの転職支援サービスになります。
    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • AGENTneo

    第二新卒AGENTneo

    AGENTneoは、20代のアルバイター、既卒者の転職支援に特化した転職エージェントです。
    未経験OKの求人が5000件以上も保有しているのが特徴的ですが、こうした求人企業がブラック企業的な要素がないか厳選してくれているため、既卒者やアルバイターが安心して活用できる転職エージェントになります。
    また残念なことに応募した企業に不採用だった場合でも、採用担当者が不採用だった理由を教えてくれるのも、他のエージェントにはないユニークなサービスだと思います。
    20代のアルバイター、既卒者の転職であれば、活用を検討すべき転職エージェントの一つになります。

今はアルバイトとして働いているけど、一生このままだと将来が不安だなと感じている人は、まずは上記の転職求人サイトを使って正社員としてのスタートを切ることが最初の一歩であり、アルバイト暮らしを終わらせる解決法になってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ