大手企業と中小ベンチャーどっちに転職?

大手企業と中小ベンチャーどっちに転職?

大手企業と中小ベンチャーどっちに転職?

大手企業と中小ベンチャーどっちに転職?転職の際、会社を選ぶとき大手企業と中小ベンチャー企業どちらに転職しようか迷う人も少なくないと思います。
おそらく迷っている人の大半が、

・大手企業 = 安定・安心だが仕事内容は退屈
・ベンチャー企業 = やりがいはあるが、身分は不安定

このようなイメージを持っているのではないでしょうか。

安定ややりがいに企業の規模は関係ない

ですが、そのイメージは間違っています。
安定ややりがいに企業の規模は全く関係ありません。

大手企業でのリストラ・整理解雇はもはや日常茶飯事です。
倒産による失職だけでなく、買収や吸収合併後に吸収先の子会社に飛ばされ、そこで目立たないようにリストラされるケースがとても多いです。

なので、身分の安定が全く保証されていない点はベンチャー企業とそれほど違いはないと言えます。

一方の仕事のやりがいですが、確かに中小ベンチャー企業では、いろんな事業に積極的にチャレンジしていく社風や、社員の全体数が少ないこともあり、若いうちから、責任のある重要ポストを任されるチャンスもたくさんあります。

ですが、大手企業であっても、このグローバル化した現在においては、海外の支店長ポストや、海外企業のM&A案件など、とてもやりがいのある仕事を若いうちから経験できる機会も多く与えられます。

結局、大手・グローバル企業であれ、中小零細規模のベンチャー企業であれ、そのことだけで安定なのか不安定なのか一概に言うことはできませんし、双方の企業にやりがいを持っている人もいれば、やりがちを持ってない人もいるのが現状です。

つまり、安定ややりがいに関して言うと、大手企業と中小ベンチャー企業の双方にそれほど明確な違いがないため、やりがいがあるからベンチャー企業を選ぶというのも少し違ってくるというわけです。

事業内容に興味があるかどうか

結局のところ、大手企業と中小ベンチャー企業どちらにするのか、つまり会社の規模や若さで決めるのではなく、事業内容や雇用条件に自分が興味があるのかどうかで選ぶのが確実なのだと転職マニアは考えています。

好きこそものの上手なれという諺がありますが、自分の好きなことであれば、熱心にいろいろ工夫するので、仕事の上達スピードも速いですし、それに比例して周りからの評価も高まってくるでしょう。

この不安定な世の中では、そのこと自体が最も労働市場において安定した身分につながるのではないかと思っています。

会社の規模や形態に惑わされることなく、自己分析、企業分析をしっかりと行い、自分の能力を活かせ、本当に興味のある職場に転職することが、幸せな社会人人生の前提条件になってくると転職マニアは思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ