未経験者歓迎が多い職種の特徴

未経験者歓迎が多い職種の特徴

未経験者歓迎が多い職種の特徴

未経験者歓迎が多い職種の特徴実際に入社して働いてみないと、自分が働きたい職種や業種はわからないものです。

  • 新卒入社の企業ではOA機器の営業をしてるけど、本当はエンジニアとして働きたかったんだよな・・・
  • メーカーのマーケティング部門で働いているけど、アパレル業界で働いてみたいな・・・

こういう時に、自分が働いてみたい職種や業種の求人が「未経験者歓迎」という条件で採用活動を行っていれば、安心して転職活動することができますよね。

「未経験者可」の場合、年齢制限をしている場合もありますが、その場合であっても、最初の就職で会社選びを間違ったという年齢の若い人であれば、再スタートを切ることができます。

「未経験者歓迎」のと記載がある以上、しり込みせず、積極的にチャレンジして熱意を伝えましょう。

そんなわけで、未経験者歓迎が多い職種の例をいくつか挙げてみたいと思います。

  • プログラマー、システムエンジニア
    適正次第で未経験者でも即戦力になる可能性が高く、未経験者を採用して、入社後の社員研修やOJTで育て上げることを目的に、SE,PGの未経験者採用をするケースが非常に多いですね。
  • パソコンインストラクター
    パソコンレベルが基礎レベルでも、コミュニケーション力が高ければ、パソコンインストラクター未経験者でも短期間で即戦力になる可能性が高いため、OAインストラクターの未経験者採用が多い印象があります。
  • 営業
    営業の適性があれば、経験は営業しながら自然とついていくため、ルートセールスなどの未経験者採用は多い感じがします。
  • 販売職
    ブランド好きで接客業が向いていれば、経験は自然とついていくため、アパレル販売職などの未経験者採用は多いですね。
  • 一般事務
    少しの社会人経験と、それなりのパソコンスキルがあれば、一般事務の未経験者あっても対応可能なので、未経験者採用は多い感じがします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ