IT特化型のおすすめ転職エージェント

IT特化型のおすすめ転職エージェント

IT特化型のおすすめ転職エージェント

IT特化型のおすすめ転職エージェントはどこ?IT特化型転職エージェントは、その名の通り「IT系企業への転職支援に絞った」サービスを提供しているエージェントです。

WEB系、ネットワーク系、データベース系、組み込み系、ゲーム系のプログラマー、システムエンジニア、営業・・・その他、あらゆるIT系求人を広く深く取り扱っているのが、このIT特化型の転職エージェントということになります。

もちろん、総合型転職エージェントもIT系企業への転職支援サービスを提供していますが、IT特化型転職エージェントは、さらに多くの公開・非公開のIT系求人を取り扱っています。

IT系企業への転職を考えている人は、複数の「IT特化型転職エージェント」に登録するのも良いですが、「総合型転職エージェント」にも登録しておくと、幅広い視点での転職サポートを受けることができるので、スムーズに転職活動をすすめることができると思います。

IT特化型転職エージェントおすすめランキング

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    ITエンジニアの転職にもっともお勧めな転職エージェントが、このマイナビエージェントです。
    マイナビエージェントは、高い知名度と信頼性を持っている「マイナビ」が提供するIT転職に強い転職エージェントになります。

    「マイナビ×IT」といってエージェント内部にIT転職に特化したサービスを持っており、また転職者をサポートするキャリアコンサルタントにもIT業界出身者が多いため、高いレベルの業界知識を元に、的確で質の高いな転職支援サービスを期待できます。
    SEやプログラマーなどITエンジニアとして転職を考えているのであれば、「マイナビエージェント」がもっとも積極的に活用すべき職エージェントになってきます。

  • ワークポート

    ワークポート

    ゲーム業界への転職で無類の強さを発揮するワークポートですが、当然ゲーム以外のIT系エンジニア転職にも抜群に強いです。
    組み込み系、ソーシャル系、スマホ系問わず、プログラマー、システムエンジニアなどITエンジニアへの転職を考えている人はワークポートはおすすめの転職エージェントになります。

    ただし、このワークポートは、東京、大阪、福岡エリアのみの転職サポートになるため、お勧めできるのがこれらのワークポートの各拠点に面談に行ける方限定となってしまうので、それ以外のエリアでのエンジニア転職を考えている方は、「アデコ」や「マイナビエージェント」など全国各地のエンジニア求人を持っているエージェントを活用してください。

  • アデコ

    アデコ

    IT転職のみに特化しているわけではありませんが、アデコは特に「IT系企業」への転職に特に強みを持っている転職エージェントになります。
    アデコの特徴としては、一人のキャリアコンサルタントが少人数の求職者を担当するため、親身で手厚いサポートに定評がある点と、企業担当と求職者の担当を同じコンサルタントが受け持っているため、求職者のニーズに沿った満足度の高い転職サービスを提供できる点で、求職者からの人気もとても高い転職エージェントになります。
    全国に多くの拠点を持っているのもアデコの特徴なので、ワークポートが対応していない拠点を含め、IT企業への転職を考えている地方在住者には特に登録必須の転職エージェントになります。

  • メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    エンジニア転職に広く特化しているメイテックネクストは、ITエンジニアの転職にもとても強みを持っています。
    ソフトウェア開発の仕事、制御・組み込み系ソフトのエンジニア、そしてその他ITエンジニアとしての転職を考えているのであれば、メイテックネクストもおすすめできる転職エージェントになります。

  • レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    IT系エンジニア専門の転職エージェントである「レバテックキャリア」
    これまで長年エンジニア専門の転職サポートを行ってきた膨大な現場情報により、レバテックキャリアは「エンジニアごとに最適な求人企業がどこなのか」を現場のコンサルタントが把握しています。
    そんなこともあり、レバテックキャリアでは、書類通過率が約65%、面談からの入社率が約30%という高い実績を誇っています。
    IT企業への転職であれば、登録しておきたい転職エージェントになりますが、残念なことに利用可能なのは首都圏エリアのみとなるようです。
    東京、神奈川、千葉、埼玉エリアにお住まいの方で、IT企業への転職を考えている人は、おすすめですのでぜひ活用してみてください。

  • レバテックフリーランス

    レバテックフリーランス

    レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニアに特化した転職エージェントです。
    正社員として他の社員と変わらない画一的な給与をもらうのではなく、働いただけダイレクトに高い報酬をもらえるフリーランスエンジニアとして働きたいという人にまさにうってつけの転職エージェントになります。

    そんなレバテックフリーランスですが、有名大手からベンチャー企業まで月間新規案件数が100件以上もあるという豊富な案件数と、高単価な報酬が期待できるという点も魅力的です。

    ただし、このレバテックフリーランスは、東京、埼玉、千葉、神奈川エリアのみの転職サポートとなっているため、それ以外のエリアでの転職を考えている方は、他のIT系特化型転職エージェントや総合型転職エージェントを活用してください。

ITエンジニアは転職して当たり前と覚悟を持とう

まずはじめに、お話ししたいことがあります。

それは、ITエンジニアとしてお給料をもらって食べていく以上、最も大事なことは会社にしがみつくことではなく、自分のエンジニアとしてのキャリアを最大限伸ばせる働き方をすべきだとういうことです。

セールスエンジニア、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャ、、、ITエンジニアとしての立ち位置はさまざまですが、自分のエンジニアとしての実力でどれだけクライアントに貢献できるのかでエンジニアとしての価値が決まります。

自分のキャリアを伸ばすための選択肢が、他社への転職であれば、転職を思いとどまる必要は全くありません。

会社の都合よりも自分のキャリア第一で働き方を考えろというと、自分中心的な考え方過ぎると思う人もいらっしゃるかもしれませんが、会社の都合で働いていた結果、エンジニアとして未熟な状態で中年になっても、誰もその責任は取ってくれません。

ご存知の通り、転職には事実上の年齢制限があります。
年を取ってからは思うように転職できない等ことです。

そのため、これからエンジニアとしてのキャリアを積んでいくのであれば、転職で動けるのは、20代の若いうちが勝負です。

30歳半ばで、クライアントの求めるエンジニアスキルに到達していないエンジニアは、転職はほぼ絶望的なので、今の会社が倒産しないこと、そしてリストラされないことを願いながら、定年まで会社にしがみつく以外に生き残る選択肢はなくなります。

人生の後半に差し掛かってから、もっと自分のキャリアと向き合っておけばよかったと後々後悔しないように、キャリアデザインを常に思い描き、自分の望む通りのキャリアパスを積めているのか、そうでないのであれば、積極的に自ら動いていく習慣を付けておくことが何よりも大事になってきます。

転職するのであれば、このページの上の方で紹介しているIT転職に強い転職エージェントや、総合型の転職エージェントを活用した転職活動がおすすめです。

IT業界での転職は可能な限り転職エージェントを使いましょう

IT特化型転職エージェントは、その名の通り、IT分野に特化した転職エージェントです。

IT業界は転職マニア自身も身を置いていたからわかるのですが、流動が激しいです。

キャリアアップを図るケースももちろん多いのですが、現状よりも好待遇を求める転職もとても多いです。

ここでいう好待遇というのは、労働時間と給与のことを指します。
転職マニア自身、キャリアアップできれば給料は後からいくらでも上がると楽観主義だったので、あまり好待遇を求めての転職活動はしなかったのですが、周りのエンジニアの多くは待遇面を改善するための転職活動していた側面が大きいようでした。

労働時間と給与面の好待遇とは何か、具体的に言うと

  • 労働時間が多すぎない職場(ブラック過ぎない企業)への転職
  • 現状よりも給与アップが期待できる職場への転職先

ということです。

ITエンジニアの転職活動におすすめな転職エージェントは、上記におすすめしている、「マイナビエージェント」、「ワークポート」、「アデコ」、「メイテックネクスト」が特におすすめです。

併用することで、紹介してもらえる求人の数や業種幅にボリュームが出る上、自分にあった転職エージェントを見極めることができるメリットがあります。

ただし「ワークポート」は、東京(首都圏)、大阪、福岡にしか拠点がありませんし、レバテックキャリアも首都圏のみの対応であるため、それ以外のエリアでの転職を考えている人は、日本全国に多くの拠点を持っている「アデコ」や「マイナビエージェント」には必ず登録しておくべき転職エージェントになります。

また、正社員としての身分ではなく、フリーエンジニアとしてがっぽり稼ぎたいという人は、「レバテックフリーランス」もおすすめになります。
※ただし、レバテックフリーランスも首都圏の求人しか取り扱っていません。

いずれの転職エージェントも、IT業界ならではの専門用語も熟知してますし、「年収アップしたい」「上流工程に携わりたい」「社内SEになりたい」「ワークライフバランスを一番に考えたい」などエンジニアならではの要望を率直にぶつけてみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ