MRの薬剤師におすすめの転職エージェント

MRの薬剤師におすすめの転職エージェント

MRの薬剤師におすすめの転職エージェント

MRの薬剤師におすすめの転職エージェント薬剤師の資格を持ったMRのことをMR薬剤師といいます。

世間一般の人から見ると、薬剤師の資格保有者は「病院」や「調剤薬局」や「ドラッグストア」で働いているイメージが強いかもしれませんが、一般企業、そしてMRとして働いている薬剤師も数多くいます。

ただMR薬剤師の中にも「転勤の多いMRの仕事よりも、じかに患者さんと接する仕事がしたい」と感じて転職を考えている人も多いようです。
「調剤未経験だけど、転職できるかな?」と不安に感じる人もいると思いますが、「調剤未経験OK」や「未経験者でも転職後にOJTがある」な病院や薬局もあるので、それほど気にする必要はありません。

下記に、MR薬剤師が薬剤師転職するのにおすすめの転職エージェントをご紹介していますので、良かったらチェックしてみてください。

  • エムスリーキャリア

    エムスリーキャリア

    エムスリーキャリア(サイト名は薬キャリ)は、ソニーグループが提供している薬剤師転職支援サイトです。
    薬剤師転職を考えている登録者がもっと多い転職エージェントになります。
    地方の求人にも強く、収入面など待遇のよい求人が多いことで知られています。
    リクナビ薬剤師同様、薬剤師で転職を考えている人が必ず登録しておくべき転職サイトの一つになります。

  • リクナビ薬剤師

    リクナビ薬剤師

    リクナビ薬剤師の強みは、大手企業の求人が多いこととコンサルタントの質が高い点です。
    コンサルタントがきめ細やかな転職サポートをしてくれるため、安心して二人三脚で転職活動を進めることができます。
    リクナビ薬剤師は転職活動をするうえで、必ず登録しておくべき転職支援サービスの一つになります。

MR薬剤師は転勤が多いのがデメリット

MRとは、医薬品メーカー、製薬企業の営業部門に所属し、医薬品が適正に使用されているか医療施設、医者の訪問を中心に、医薬品の安全性や有効性など品質に関する情報の提供を業務としている人のことです。

当然医薬品に詳しくなければならないため、薬のスペシャリストである薬剤師の資格を持ったMRも活躍しているというわけです。

MR薬剤師はとてもやりがいのある仕事なので、人気が高い職種です。

ただし、MR薬剤師で働いている人が抱えている悩みや不満を見てみると、

  • MRは転職が多いので、調剤薬局勤めの知人の薬剤師がうらやましい
  • 薬剤師の資格をもっと生かせる「調剤」の仕事をしてみたい
  • 患者さんに直接接することが出来る職場で働いてみたい

といった、MR薬剤師ならではの悩みを抱えている人が多いようです。

また、MR薬剤師としてずっとやってきた人の場合、「調剤」未経験の方も多くいらっしゃると思います。
ですが、調剤の経験の有無については、それほど深く考える必要はないと思います。

もちろん「薬剤師」の資格・免許は必要不可欠ですが、調剤経験については、入社後OJT研修を用意しているなど、未経験可能な職場が多く用意されているからです。

それよりも、転職の際はMR薬剤師ならではのメリットを生かせると思います。
MR薬剤師は、その仕事の性格上、コミュニケーション能力の高い人が多いといわれています。

コミュニケーション能力・対人能力の高さは、「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院」のいずれに転職しても、とても重宝されるスキルになるので、そうした面を求職活動の際には、打ち出していけば良いとおもいます。

調剤薬局大手ってどんなとこ?

調剤薬局にも規模でわけると大手と中小があります。
ご存じの方も多いと思いますが、大手にはどんな会社があるかというと、日本調剤」「アインファーマシーズ」「クオール株式会社」「総合メディカル株式会社」「株式会社トーカイ」「株式会社メディカルシステムネットワーク」「アイセイ薬局」「ファルコホールディングス」「ファーマライズホールディングス」「メディカル一光」などが大手として君臨しています。

調剤薬局大手は、東証一部をはじめとして東証二部やマザーズなどに上場している会社が多いです。

またドラッグストアでいえば、一例としてはマツモトキヨシ、ツルハホールディングス、コーナン商事、コクミン、ココカラファイン、ココカラファインヘルスケア、コスモス薬品、ゴダイ、コメヤ薬局、コヤマ薬局、サウスウエスト、サカイヤ、ザグザグ、サッポロドラッグストアー、サンキュードラッグ、サンドラッグ、ジー・アンド・ジーファルマ、CFSコーポレーション、ドラッグイレブン、シグマ薬品、シミズ薬品、ウェルパーク、内山薬品、エーザイ、エスロード、大賀薬局、オークワ、ケアーズ、ミスターマックス、ミックジャパン、ミネ医薬品、宮本薬局、村源、明興商会、明治堂薬品、大手薬局、青葉堂、アクシス、イズミ、イタヤマメディコ、一本堂、イヌイ、イレブンドラッグ、岩崎宏健堂、ウエルシア、キリン堂、弘陽薬品、オールジャパンドラッグ、オダギリ、小田薬局、柏葉薬局、金光薬品、カワチ薬品、薬王堂、ヤスイ、ふく薬品、フジタ薬局、富士薬品、プチファーマシスト、平和堂、紅屋商事、ヘルスサポート・ディエラ、マキヤ、増本薬品、丸大サクラヰ薬局、ヤックス、山口薬品、ヤマザワ薬品、山田薬品、龍生堂本店、レークメディカル、レデイ薬局、関東セイムス、杏林堂薬局、ジュンテンドー、ジョヴィ、湘南薬品、新生堂薬局、杉浦薬品、スギホールディングス、スギヤマ薬品、スマイルドラッグ、セキ薬品、ダイキ、ダイコク、大屋、太陽堂、高田薬局、タカヤマ、タキヤ、タケダドラッグ、ダルマ薬局、千葉薬品、中部薬品、つくばトラストコーポレーション、テイコク製薬社、ユタカファーマシー、ユニバーサルドラッグ、横浜ファーマシー、よどや、キョーエイ、示野薬局、下川薬局、ヨネキ十字堂、ライフコーポレーション、ラブドラッグス、リーフ、東急ストア、同仁堂、トウブドラッグ、東北セイムス、トモズ、ドラッグストアモリ、とをしや薬局、ナガタ薬品、奈良ドラッグ、ニシイチドラッグ、セイムス、日本リテイル研究所、ハーティウォンツ、ハシドラッグ、ぱぱす、光、ヒグチ産業、廣甚、マルナカ、三河薬品、ミズ、キリン堂薬局、クスリのアオキ、くすりのコーエイ、クスリのサンロード、くすりのダイイチ、くすりの福太郎、クスリのマルエ、くすりのマルト、グリーンドラッグ、クリエイトエス・ディーなどのドラッグストアが活躍しています。

それぞれの転職サイトが、どの調剤薬局、ドラッグストア、病院の求人を持っているかはわかりませんが、転職を考えているMR薬剤師のはじめの第一歩としては、転職エージェントに登録することだと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ