コンサルティング業界の求人に強いおすすめ転職エージェント!

コンサルティング業界の求人に強いおすすめ転職エージェント!

コンサルティング業界の求人に強いおすすめ転職エージェント!

年収が高く、どこかかっこいいイメージが付いてまわるコンサルティング業界。

花形といわれている「戦略系コンサルティング」をはじめ「組織人事コンサルティング」「ITコンサルティング」「シンクタンク系コンサルティング」など、コンサルタントとしての働き方は様々です。

クライアントの課題を解決することを仕事とするのがコンサルティングですので、ビジネスの数だけコンサルティング会社が存在するとも言えるでしょう。

そこで、ここでは、コンサルティング業界への転職に特に強みを持っている転職エージェントをいくつかご紹介したいと思います。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、コンサルティング業界への求人に強い転職エージェントです。
    コンサルティング業界への転職に関するノウハウも、業界内に持ってくるコネクションも、転職エージェント内でもトップクラスです。
    様々なコンサル求人がありますが、コンサル転職を考えているのであれば、まずはリクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    コンサルティング業界への転職に関していうと、リクルートエージェントに次いでマイナビエージェントが2番目におすすめのエージェントになります。
    マイナビエージェントは都市部を中心に、商社の求人を多数取り扱っていますし、サポートしてくれるコンサルタントの質がとても高いのが特徴です。
    コンサルティング業界への転職を考えている人はマイナビエージェントもおさえておくことをおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    世界60を超える国と地域に、5,500拠点を展開しているアデコは、コンサルティング業界への転職にも強い転職エージェントです。
    キャリアコンサルタントのサポートが親切で丁寧なのもアデコの特徴の一つになります。
    国内のコンサルティングファームだけでなく、外資系コンサルティングの公開、非公開求人も豊富に取り扱っているため、コンサルティング業界への転職を考えている方は、アデコも登録すべき転職エージェントの一つとして、ぜひ活用してみて下さい。

  • アクシスコンサルティング

    アクシスコンサルティング

    大手も含め、コンサルティングファームへの転職であれば、このアクシスコンサルティングは絶対に外せません。
    キャリアコンサルタントはコンサルティング業界を熟知した元コンサルやIT経験者がほとんどで、その転職支援のレベルは、リクルートキャリア主催のMVA(Most Valuable Agent)を受賞したほどで、求職者からではなく業界内でも高い評価を受けています。
    東京など首都圏を中心とした転職支援になりますが、首都圏でコンサルティング業界への転職を考えている方は、アクシスコンサルティングにもぜひ登録してみてください。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    ビズリーチは、将来エグゼクティブ層を目指しているビジネスパーソン向けの会員制転職サイトです。
    ビズリーチに会員登録すると、職務経歴書を見た一流ヘッドハンターから直接スカウトがきます。
    ただし、会員に高いサービスを提供するために、残念ながら年収750万円以上のビジネスマンでなければビズリーチ利用することができません。
    つまり、現在年収750万円のビジネスマンが、さらに高年収を目指すために、コンサルティング業界への転職を考えている場合などには、まさにうってつけの転職サービスとなっています。

コンサルティング業界にはどんな種類があるのか

コンサルティング業界にはどんな種類があるのか企業が抱える多様な経営課題に対して、ソリューションを提案し、その対価としてコンサルティングフィーを受け取るのが、ざっくりとしたコンサルティングの仕事に対する理解となります。

もちろん、経営課題は多岐にわたるので、コンサルティング会社も、その特徴によっていくつかのタイプにカテゴライズされます。

戦略系コンサルティングファームの仕事内容

まず戦略系コンサルティングファームですが、クライアントが抱える経営上の課題を解決するために「戦略策定」を練り「提言」を行うことを仕事にしているコンサルティングファームのことです。

一例をあげると、「マッキンゼー」「ボストンコンサルティング」「プライスウォーターハウスクーパース」「ATカーニー」「経営共創基盤」「ローランド・ベルガー」が大手としてよく知られています。

エリートの中のエリートというイメージは自他ともに認めるところでしょう。

M&A系コンサルティングファームの仕事内容

M&A系コンサルティングファームは、例えば「事業承継のための会社譲渡」、「企業の事業提携や統合」、「大手グループへの参画」など、様々な形のM&Aについて「戦略策定」や「提言」を行う仕事をしているコンサルティングファームのことです

一例をあげると、「日本M&Aセンター」や「ラザードフレール」「GCAサヴィアン」といったコンサルティングファームなどが有名ですね。

給料が高い会社が多いことでも注目が集まっています。

中小企業向けコンサルティングファームの仕事内容

企業ではなく、中小企業向けにさまざまなコンサルティングサービスを提供するコンサルティングファームの特徴です。

「船井総研ホールディングス」「タナベ経営」「日本能率協会コンサルティング」「山田コンサルティンググループ」などがこのカテゴリーではよく知られていますが、こうしたコンサルティングファームが何か身近な感じがするのは私だけではないでしょう。

シンクタンク系コンサルティングファームの仕事内容

シンクタンク系コンサルティングファームで働くコンサルタントは、エリート中のエリート、一流の中の超一流とまで言われるほど優秀な人材が世界各国から集まってきます。

シンクタンク系コンサルティングファームは、「ITコンサル」や「マネジメントコンサル」を中心に、クライアント企業に対してコンサルティングサービスを提供しているところが多いですね。

そのほかにも、「経済調査」や「リサーチ業」など、社内にある高度なノウハウ、ナレッジを元に、悩みを抱えた様々な業種の企業に対してソリューションを展開しています。

転職に際して、「大学院卒の方がシンクタンク系には採用されやすいんじゃないか?」と不安に思われる求職者もいると思いますが、中途採用、経験者採用の場合、新卒と違って即戦力採用なので、大卒でも全く困ることはありません。

シンクタンク系コンサルティングファームは、「野村総合研究所(NRI)」「三菱総合研究所(MRI)」「日本総合研究所(JRI)」の3社が有名ですが、富士通総研やNTTデータ経営研究所など超大手の優良シンクタンク系コンサルティングファームも、求職者からの大きな人気を誇っています。

全くの小話レベルの余談になりますが、知り合いの何人かの女性によると、戦略系コンサルと、シンクタンク系コンサルは、合コンで圧倒的にモテるそうです(ですので名刺交換は慎重にした方がいいですね、、)。

総合コンサルティングファームの仕事内容

総合コンサルティングファームは、「戦略」「人事」「IT」・・・などあらゆるコンサルティングサービスを自社で提供できるほど規模の大きいのが特徴です。

有名どころだと、「アクセンチュア」「アビームコンサルティング」「デロイトトーマツコンサルティング」「IBMビジネスコンサルティング(旧プライスウォーターハウス)、クニエ(ザカティー・旧キャップジェミニと合併)などが大手として有名ですね。

見ての通り、会計事務所系が多い印象です。

先述のように、総合コンサルティングファームは、クライアント企業の「事業戦略立案」、「IT戦略立案」をはじめとした、あらゆるコンサルティングサービスを幅広く手掛けているコンサルティングファームになるので、多種多様ないろんな仕事に携われる可能性もあるため、好奇心旺盛な人にあっているかなと個人的に感じます。

人事系コンサルティングファームの仕事内容

人事系コンサルティングは、組織人事に関するコンサルティングサービス全般を請け負いますが、主に「人事制度構築」や「人事戦略立案」や「採用戦略立案」や「組織診断」や「組織構造改革」や「人材育成体系構築」などを請け負い、企業に対し、ベストソリューションを提供するのが仕事になります。

大手の人事系コンサルティングファームでいうと、「マーサージャパン」「タワーズワトソン」「日本エス・エイチ・エル」「ヘイコンサルティンググループ」「リンクアンドモチベーション」「エーオンヒューイットジャパン」が有名ですね。

なお上記のほかにも、例えば

  • M&A後の人事制度統合
  • グローバル人事マネジメント
  • チェンジマネジメント
  • 人事部業務改革
  • 組織改革・意識改革

なども、人事系コンサルタントの仕事になります。

このように、人事組織系の幅広い課題に対して、最適な解決案を提案、実行することが人事系コンサルティングファームの仕事内容になります。

もちろん、ここで挙げた会社はごく一部の会社ですので、その他の優良コンサルティングファームは、日本国内、海外外資系にも多数存在してます。

コンサルティングファーム全体に言えることですが、日本法人も吸収合併することが多く、名前の一部が変わったり、合併先の名前に変更されたりすることが多々あるので、あまり特定の会社にあこがれを抱き続けるというよりは、自分のやりたい仕事をやらせてくれる会社の中で、待遇の良い会社に転職すると良いでしょう。

どのコンサルティングファームが今現在求人募集しているかはその時々で変化するため言及できませんが、いずれにしても、こうしたコンサルティング企業に転職するためには、ここでおすすめした「コンサルティング会社の転職に強い転職エージェント」を活用して転職活動することを強くおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ