フリーターが就職して正社員になる方法

フリーターが就職して正社員になる方法

フリーターが就職して正社員になる方法

フリーターが就職して正社員になる方法20代半ば過ぎであっても、好きでフリーターをやっている人であれば、覚悟の上でしょうから問題はないのだと思います。

「将来ミュージシャンになる!」など、自分にはかなえたい夢があって、その実現まではフリーターとして、アルバイトで食いつなぐっていうのも一つの人生だと思うからです。

ですが、大学や専門学校を卒業後、会社に就職するタイミングを何らかの理由で逃したため、今でも何となくアルバイトを続けてしまっている人であれば、一度会社に就職して正社員として働いてみませんか?

厚生労働省の調査によると、フリーターの期間が半年以内の場合であれば、男性の約7割、女性の約6割が正社員になれているそうですが、それを越えてしまうと、男性女性共に、正社員になれる割合がどんどん減ってくるそうです。

つまりフリーター期間が長引けば長引くほど、正社員になることが難しくなってくるため、正社員として定職につきたいと考えているのであれば、職歴がないフリーターであっても、チャンスが残されているうちに、動き出すことが大事になってきます。

フリーターは1日も早く企業に就職するために動き出すことが大事!

「一生フリーターのままだと将来が不安なのでなんとか正社員転職したい!」

そう真剣に考えている人が真っ先に取るべき選択肢は、1日も早く適切な転職サービスを活用した転職活動をはじめるということです。

なぜ1日も早く動き出す必要があるのかというと、まだ20代だとフリーターであっても正社員転職できる可能性が残されているからです。

その具体的な方法については、下記に書いていますのでご確認ください。

一方、フリーターのまま30代に突入してしまうと、30代フリーターから定職にステップアップする、つまり現状を打開するための選択肢が非常に限られてしまいます。

そのため、フリーターは1日も早く企業に就職するために適切な転職媒体で転職活動をはじめることが大事ということを、覚えておいてください。

20代フリーターが正社員転職するために活用すべき求人サービス【厳選5】

  • DYM就職

    DYM就職

    DYM就職は、20代フリーター、第二新卒者の就職、転職に特化した転職エージェントです。
    特質すべきは就職率の高さで、DYM就職活用者の96%が職を得ていることで、利用者の就職成功者の累計が5000人を突破しているそうです。
    そのため「就活失敗して、不本意ながら現在20代フリーター状態」といった既卒者にとってまたとない就職支援サービスになっています。
    DYM就職は、優良企業求人の保有数が2000社を超えているため「学生時代就活したけどブラック企業ばかりだった、、」という現在20代フリーターの人にもおすすめできる転職支援サービスになります。

  • 若者正社員チャレンジ

    若者正社員チャレンジ

    人材業界最大手のパーソルキャリア株式会社が提供しているサービス「若者正社員チャレンジ」は、「正社員として働きたい」という気持ちを抱きながらも、何らかの理由で、フリーターを続けている「29歳以下の若者」に対して、「実習先企業」での実習を通して、正社員就職につなげるための画期的なサービスです。

    若者正社員チャレンジの応募対象者としては、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3 年以上が経過した29 歳以下の求職者で、「卒業後就職・就業経験がない方」「卒業後、非正規での就業経験のみの方」「直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方」に限定されますが、正社員として働きたいという人は1日も早めに参加(登録)されることを強くおすすめします。

  • JAIC

    DODA

    「JAIC」は、フリーター就職に強みを持っている就職支援サービスになります。
    JAICは、フリーターを優良企業の正社員職に導くサポートに徹することを使命としており、その正社員就職支援実績数はこれまでに12174名にものぼり、就職成功者の割合は、80%を超えているそうです。
    フリーターの多くが就職できるとあって、求人の多くがブラック企業なんじゃないの?と心配される方もいらっしゃると思いますが、JAICでは、未経験OKの優良企業だけを紹介するということを特徴としているので、安心して利用できるのではないかと思います。
    「フリーターが今すべきことは何なのか」「職歴がないため面接に不安がある」「今フリーターなので履歴書や自己PRをどのように書けばよいのか」・・・など、フリーターならではの質問や不安を、JAICのプロのコンサルタントにどんどん聞いてみましょう!

  • ハタラクティブ

    ハタラクティブ

    「20代のフリーター、既卒、未経験からの正社員就職」を掲げるだけあって、フリーターの就職支援はハタラクティブの強みの一つであり、高い実績を誇っています。
    未経験OKの求人案件を1000件以上抱えていることもあり、就職先を探しているフリーターの強い味方になってくれるでしょう。
    ハタラクティブは、JAICに次いでおすすめの就職支援サービスになります。

    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • 第二新卒ナビ

    第二新卒ナビ

    「第二新卒ナビ」は、20代フリーターの転職に特化した転職支援サービスです。
    コンサルタントによるサポートがとても親切丁寧なことが特徴的で、その結果、求人企業への書類通過率が87%と高いレベルを維持しています。
    そのため、第二新卒ナビはじっくりと転職活動をすすめたい、フリーターにとって、まさにうってつけの転職支援サービスになります。
    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • AGENTneo

    第二新卒AGENTneo

    AGENTneoは、20代のフリーターの転職支援に特化した転職エージェントです。
    未経験OKの求人が5000件以上も保有しているのが特徴的ですが、こうした求人企業がブラック企業的な要素がないか厳選してくれているため、20代のフリーターが安心して活用できる転職エージェントになります。
    また残念なことに応募した企業に不採用だった場合でも、採用担当者が不採用だった理由を教えてくれるのも、他のエージェントにはないユニークなサービスだと思います。
    20代フリーターの転職であれば、利用を検討する価値は十分あります。

先述した通り、フリーターの就職活動で大事になってくるのは、上記のようなフリーター就職に実績がある就職サービスをいくつか活用し、担当のコンサルタントのアドバイスに従うこと前提で、そのうえでとにかく就職内定に向け、アグレッシブに就活することになってきます。

フリーターであることに後ろめたい気持ちを感じている人であれば、正社員として就職先がきまり、いざ働いてみることで、心がとても楽になる人も多いと思います。

フリーターの就活にハローワークがおすすめできない理由

ちなみに、役所が提供している転職サービスに「ハローワーク」があります。

特に60代、70代の人は、転職といえばこのハローワーク(職安)しか知らないため、フリーターである我が子にハローワークの活用を進めてきますが、はっきり言って正社員転職にハローワークは活用しない方がいいです。

こういっては何ですが、まず正社員の求人案件のスペックが低すぎます。

私も何度かハローワークを利用したことがありますが、対応も転職のプロとはとても言えないお役所的な対応をされるケースもとても多いと実感しています。

それに、朝から本当に長蛇の列がハローワークの前に出来るので、それを見るだけでもうんざりした気分になってしまいます。

ハローワーク利用者の多くが、40代、50代といった中高年なイメージです。

「実は採用活動してません」系の空求人が掲載され続けているケースも多数ありますから、求職活動中に余計なストレスを感じることが多々あります。。

また決定的なのが、あなたが無職だったりフリーターだったりしたときに、応募正社員求人自体が本当に少ない点です。

それと比べて、上記で紹介した転職支援サービスは、転職のプロによる民間のサービスです。

「20代限定」などといった、一定の条件を満たしていれば、フリーターであっても、そのポテンシャルを期待して採用したいという企業を紹介してくれるため、「このチャンスをものにするぞ」という熱い熱意を持った求職者の期待に応えてくれるのは、上記で紹介した民間の転職支援サービスをぜひ活用することをおすすめします。

※参考:フリーターが就職して正社員になる方法について詳しく解説しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ