40代の転職。求人はある?

40代の転職。求人はある?

40代の転職。求人はある?

40代の転職。求人はある?今現在40代の人も、もうすぐ30代を終え40代に突入する人も、40代のサラリーマンの転職事情について不安に感じた経験があると思います。

  • 40歳を超えても正社員転職可能なの?
  • 40代になる前に(30代のうちに)転職活動しておいた方がいいのかしら?
  • 転職エージェントって40代超えても実際利用できるのかな?
  • 40代になって転職したくなったらどうすればいい?
  • 40代になってたら会社にしがみつくしか選択肢はないの
  • 年齢制限は禁止されてるって聞いたけど、実際のところ年齢差別ってあるの?

40歳という節目に差し掛かり、自分の仕事と向き合う人は多いです。

実際に、40代で転職活動している人たちは、どのように転職活動をしているのでしょうか。

今回は40代の転職状況・求人事情について解説するとともに、おすすめの転職活動の方法について言及してみたいと思います。

40歳を境に転職活動はさらに厳しくなる

まず、40代になると求人数は目に見えて減ってきます。

40才を超えると、転職の望みがなくなるというわけではないのですが、40歳を過ぎると20代、30代前半の頃のようにだれでも転職出来るというわけではなく、ある一定のキャリアを満たしている人間に限定して求人があるということになります。

40代の求人の全体数は確かに減るものの、ハイクラス転職やヘッドハンティングは盛んに行われています。
それでは40代の転職活動の一般的な手順について書いてみたいと思います。

まずは転職エージェントの登録を

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    40代の転職であれば、リクルートエージェントの活用がもっともおすすめできます。
    マネージャークラスの転職、幹部クラスなどのエグゼクティブ転職をはじめ、40代の転職希望者にマッチした求人を紹介してもらえる可能性が他のエージェントよりも高いと思います。
    40代の転職であれば、まずはリクルートエージェントに登録して担当のコンサルタントとじっくり相談しながら、転職活動をすすめるのが良いと思います。

  • ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、50年以上の歴史を持つ世界最大手の転職エージェントです。
    各業界・職種に精通した専任のキャリアコンサルタントのサポートの質にも定評があります。

    エグゼクティブ層、マネジメントクラスなど幅広い求人ニーズに対応しているエージェントになるので、40代で転職活動をしている人にもおすすめできる転職エージェントだと思います。
    世界最大手なだけあって、都市部だけでなく、地方にも数多くランスタッドの支店があるため、地方での求職者にもうれしい転職エージェントになります。

  • スマイルSUPPORT介護

    40代で介護職に転職する人は多いですが、そんな求職者におすすめなのが、この「スマイルSUPPORT介護」を活用した転職活動です。
    介護・ヘルパー・ケアマネ求人を探している方は、まずはこの「スマイルSUPPORT介護」に登録することをおすすめします。
    介護現場を知り尽くした経験豊富なコンサルタントが、介護転職者の転職活動を全力でバックアップしてくれます。

    スマイルSUPPORT介護を利用するには、ケアマネージャー(介護支援専門員)、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー2級以上、社会福祉主事、理学療法士、作業療法士、看護師、准看護師のいずれかの資格必要となりますので、これらの有資格者で介護職への転職を考えている40代の転職活動中の人はぜひ活用してみてください。

  • DODA

    DODA

    DODAも取り扱い求人数が多いこともあり、40代転職に向いている転職エージェントだと思います。
    40代でも、ハイクラス求人、マネージャークラスの求人を探している人は、転職エージェントDODAの活用も検討してみてください。

40代の転職活動で、まず真っ先に試してみるべき方法が転職エージェントを活用した進め方です。
その理由は、転職エージェントにはキャリアコンサルタントという転職アドバイザーがいます。

キャリアコンサルタントは、転職市場を知り尽くしているので、どのような会社がどのような人材を欲しがっているのかの情報を元に、転職希望者に最もマッチした求人企業を紹介し、そのサポートをしてくれます。

つまり、40歳過ぎて、自分のこれまでのキャリアをどの企業がもっとも高く評価してくれるのかを、客観的な視点で最も的確に指摘してくれるのが転職エージェントだということです。

なので、まず40代の転職活動の第一歩は「転職エージェントに複数登録すること」になります。

確かに、面談にすすめず登録を拒否されることも少なからず出てくると思います。
ですが、それは40代の転職が厳しいという現実がある以上、仕方のないことです。

20代、30代であってもキャリアがマッチしていないことで登録できないことはあることですから、まずは自分にマッチした転職先があるかどうか知るためにも、エージェントに登録してみることがはじめの一歩でしょう。

転職エージェントごとに、保有している求人企業の種類は、公開されているもの、非公開のものも含めて、異なりますし、どの転職エージェントにあなたのキャリアとマッチした求人があるのか、登録して活用してみないとわからないため、1つの転職エージェントで登録拒否されても気にせず、その他の転職エージェントに積極的にチャレンジ(登録)してみましょう。

次に転職サイトに登録してみる

当サイトでは、上記のリンク先ようなおすすめの転職エージェントを紹介していますが、これらの転職エージェントにすべて片っ端から登録してみて、すべての転職エージェントに自分にマッチした求人がなければ、転職サイト(求人情報サイト)に登録してみましょう。

ここは、転職エージェントのように、キャリアコンサルタントがキャリアを元に適した企業とのマッチングをしてくれるわけではありませんが、転職サイトを利用した40代の転職成功例は数多くあります。

特に転職サイトのスカウト機能は利用しない手はありません。
スカウト機能とは、職務経歴や転職希望条件などを匿名で登録しておくと、登録者に興味を持った求人企業から直接オファーが届くサービスで、なかにはサイトに掲載されていない非公開求人のオファーもあり、転職可能性がかなり広がります。

その上、自分のスキルや経験が転職市場でどの程度求められているのかについて、毎月のレポートで確認することができるので、転職の検討段階の人も早めに登録しておくと便利です。

転職サイトにもいろんな種類(リクナビNEXTやジョブセンスリンクなど)がありますが、総合的に評価すると、転職サイト「Green」が個人的にはもっともおすすめです。

ハローワークは、40代転職の最後の砦

ハローワーク(職業安定所・職安)を活用するのは、40代転職の最後の手段になります。

日本国として、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)で「雇用における年齢差別の禁止」を謳っていることもあり、公共の職業紹介事業を行う機関であるハローワークは、どこよりも積極的に40代の求人を取り扱っている感じがします。

ただし私の経験上、ハローワークで取り扱っている求人に対して、仕事内容や給与面はあまり期待しない方が良いと思います。

転職エージェント、転職サイト、ハローワークのすべてを活用したことがある私の感覚ですが、求人内容だけでなく、サポートしてくれるスタッフの業界に対する経験値や知見、どれをとってもハローワークが民間の転職サービスよりも勝っていると感じたことはありませんでした。

ハローワークは、どの民間の転職サービスを活用できなかった場合の、最後の砦だという理解で間違っていないと思います。

ツテやコネを使った転職の注意点

40代の転職で、強い効果を発揮するのがツテやコネを使った転職になります。

たとえば、昔の部下が独立して会社を立ち上げたとき、あなたのマネジメント力の高さを記憶していて、

△△さん、是非自分の右腕として働いてもらえませんか?

と口説かれるケースも少なくないようです。

なので、これまでの仕事を通して知り合った人脈は大切にしておいたほうが良いです。

ただし、ツテやコネや紹介を使った転職は、メリットばかりではありません。

知り合いの紹介だけに、給与などの条件交渉がしにくかったり、とにかくいろいろなことで遠慮しがちになってしまいます。気心知れた人からの誘いだったらそんなに問題ないんでしょうけどね。

以上、40代(40歳、41歳、42歳、43歳、44歳、45歳、46歳、47歳、48歳、49歳)の転職について、転職マニアが感じたことを書いてみました。

ベンチャー企業や中小零細企業の経営者・社長には、比較的若い人が多いので、マネジメント面、自分の右腕、幹部候補として40代のベテラン社員を必要としているケースも多いです。

40代年齢の求人数が少ないといったことは気にせず、果敢にチャレンジする姿勢が最も大事になってくると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ