光学設計の仕事に正社員転職する方法と気を付けたいポイント | 転職エージェントの選び方
光学設計の仕事に正社員転職する方法と気を付けたいポイント

光学設計の仕事に正社員転職する方法と気を付けたいポイント

光学設計の仕事に正社員転職する方法と気を付けたいポイント

光学設計の仕事に正社員転職する方法と気を付けたいこと光学技術を用いて、光学製品のレンズやミラーを設計するのが光学設計の仕事ですが、デジタルカメラ、スキャナ、スマホ、医療器具、コピー機(プリンタ)などのレンズを使用する光学機器の設計製造にかかわることになります。

そのため光学設計関連の求人は、レンズを搭載した製造品の種類の数に比例して多岐にわたるため、一例を挙げるだけでも、

  • 自動車用ランプの光学設計
  • 機器のセンサ向けレンズの光学設計
  • LED光源やレーザー光源を使用した照明機器の光学設計
  • テレビ局の放送カメラ用レンズの光学設計
  • 半導体や製品検査用レンズの光学設計
  • 望遠鏡や監視カメラ用レンズの光学設計

と、求人の幅も豊富で、仕事内容的に待遇の良い正社員求人が多いです。

光学設計にかかわる仕事(エンジニアだけでなく、営業、マーケティング職、その他全般)への転職についてですが、もっとも気を付けたいのが「光学設計の求人の質」と「サポートの質」の高い転職媒体を利用することです。

光学設計分野での正社員転職で活用したい転職エージェント【厳選4】

  • メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    「レンズ光学設計や試作評価」や「半導体レーザーの研究開発」や「LCD-TVの光学設計」など光学設計分野への正社員転職は、メイテックネクストを使った転職活動がもっともおすすめです。
    メイテックネクストは、光学設計などメーカー系のエンジニア転職に特化した転職エージェントとして、「転職支援実績」「取り扱い求人数」ともに、他の転職サービスを寄せ付けない強さを持っています。

    転職者の支援には、その分野の技術や転職市場に詳しいスタッフが担当するため、安心して転職活動をすすめることができます。

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントも、光学設計分野への正社員転職におすすめの転職エージェントになります。

    マイナビエージェントでは、業界を熟知している「エンジニア転職専門のキャリアアドバイザー」が担当で転職活動のサポートをしてくれるため、ストレスなく最小の労力で転職活動を続けたい方に特におすすめです。

    「リチウムイオン電池新機種設計」「次世代VR設計」など光学設計分野は多岐にわたりますが、光学設計の転職は「メイテックネクスト」だけでなく「マイナビエージェント」だけでなく「マイナビエージェント」も積極的に活用をおすすめできる転職エージェントになります。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントも、メイテックネクストやマイナビエージェント同様「光学設計・開発求人」に強いエージェントとしておすすめですが、特質すべきは同分野の求人数の多さです。
    求人数が多いということは、その分自分の興味のある仕事と巡り合える可能性が高くなると言えるため、どの転職エージェントをメインで活用するかはおいておいても、膨大な「公開」「非公開」求人に接触するためにも、必ず登録しておきたい転職エージェントだと言えるでしょう。

  • Spring転職エージェント

    Spring転職エージェント(旧アデコ)

    Spring転職エージェントは、世界大手のグローバル人材企業であるアデコが展開する転職エージェントになりますが、その性質上「外資系求人」「エンジニア求人」また「首都圏、関西圏以外のエリアでの転職」におすすめなので、それに該当している「光学設計分野での転職希望者」は優先的に活用すると良いでしょう。

    キャリアコンサルタントの質が高いのもSpring転職エージェントの強みの一つですので、積極的に活用してみてください。

「光学設計」求人の応募条件(経験・スキル・人物像)について

「光学設計」分野に転職するにあたり、当然企業側が求める「経験」や「スキル」や「人物像」を満たしている必要があります。

仕事内容は、「メーカー」や「ハード」の違いより異なるため、応募条件の一例を見ても

  • 筺体(成形品や板金や押出など)設計の実務経験
  • LEDの光学設計・評価技術
  • プリズムなどの光学部品の設計・開発・評価経験
  • ヘッドマウントディスプレイの光学設計の経験

といったように、多様になってきますが、注意すべきは、高い「英語力」や「コミュニケーション能力」が求められることが多々ある点で、「光学設計開発」の技術的な経験値以外に、例えば「英語論文の読解レベル」「TOEIC700点以上」「協調性」「自発性」「成果への執着性」などの人物像も転職を決める点で重要なポイントとなってくると考えられます。

いずれにしても、光学設計分野の転職には、上記に記載している光学設計求人に強い転職エージェントのいくつかに登録して、どんどん気になった企業に応募してみるのが、はじめの一歩になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ