無線通信機器の基地局設置の仕事に正社員転職する方法 | 転職エージェントの選び方
無線通信機器の基地局設置の仕事に正社員転職する方法

無線通信機器の基地局設置の仕事に正社員転職する方法

無線通信機器の基地局設置の仕事に正社員転職する方法

無線通信機器の基地局設置の仕事に正社員転職する方法私たちが日ごろ使っているスマートフォンや携帯電話。

こうした通信端末を利用するためには、無線通信機器の基地局が不可欠になります。

そのため、電波を強くしたり、多くのエリアをカバーするために、携帯電話基地局の新規開設、設置機器の変更、取替などの業務が今後も増え続けていくということになります。

無線通信機器の基地局設置の仕事には、大きく2つの業務形態があります。

1つは、無線の基地局を物理的に現地に設置する業務。

具体的には

  • 工事工程、見積り査定業務、元請求業者との調整業務、土地オーナーとの折衝
  • 基地局設置場所・設置方法を企画検討し、最適な通話エリア確保の為の提案、取り纏め、設置交渉
  • 通信キャリア向け電波測定・調査分析・エリア設計・オプティマイゼーション業務
  • 無線基地局装置保守、移動体交換システム運用業務

などなど。

「電気工事士二種免許」が必要だったり、「通信工事士の経験」が求められたりしますが、安全第一に作業することが強く求められる仕事になります。

そして、もう1つは、基地局に設置した無線機器の電波を遠隔地から解放したり、閉じたり操作する業務ですね。

パソコンから基地局の無線機器にネットワーク接続し、コマンド操作をすることから、最低限のITスキルは求められることになりますが、こちらの作業も電波を扱う仕事になるため、丁寧な作業が求められることになります。

転職媒体の選び方に注意が必要

スマートフォンやタブレットの普及により、無線通信機器の基地局設置に関する仕事は「ソフトバンク」「au(KDDI)」「NTTドコモ」の案件を中心急速に拡大してきていますし、ポケットWi-Fiでも、EMOBILE、WIMAXがエリアを拡大しながらしのぎを削っています。

ただいずれにしても、無線通信機器の基地局設置に関するいずれかの業務に正社員として転職するのであれば、転職エージェントを活用した転職活動がもっとものぞましです。

※参考記事:無線通信機器の基地局設置業務で活用をおすすめする転職エージェント【厳選】

ハローワークにいって求人を探しても、満足いく待遇の正社員求人は期待できないので、転職エージェントを使った転職活動を強くおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ