水産・食肉加工業界の正社員転職事情【異業種転職はあり?】 | 転職エージェントの選び方
水産・食肉加工業界の正社員転職事情【異業種転職はあり?】

水産・食肉加工業界の正社員転職事情【異業種転職はあり?】

水産・食肉加工業界の正社員転職事情【異業種転職はあり?】

水産・食肉加工業界の正社員転職事情【異業種転職はあり?】水産業界に正社員転職したい人は、どんな職種・仕事内容なのか気になるところですよね。

水産業界は、漁業や養殖業にはじまり、「水産卸売り」「水産加工」「水産流通」「水産小売り」と、その仕事内容は非常に幅広いため、いろんな仕事に興味を持てる人にとてもおすすめな業界です。

食肉加工は、ハムやソーセージをはじめとした「調理食品製造業」や「卸売業」が主な事業になります。

ただし、その一方で、残業や休日出勤が多く、その割に給料も少ないという不満を持つ人も少なくなく、異業種への転職を考える人も多いようです。

異業種転職のポイントは、「年齢が若いうちに転職すること」と「今まで水産業界で働いてきたキャリアのどの点を他業種で活かすことができるのか」をしっかり考えること。

具体的には「今の職種での経験が他業種で活かせないか」を転職エージェントのアドバイザーに相談しながら、転職活動をすすめるのがおすすめになります。

営業のプロであれば、他の業界に転職しても、今まで培ってきたノウハウは活かせるというわけです。

水産業界から他業界への転職でおすすめの転職エージェント【3選】

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントは、あらゆる業種、職種の求人を取り扱っている「転職エージェント」で、取り扱い求人数が圧倒的に多いことが最大の特徴でありメリットになっています。
    そのため、「水産業界内での転職」、「水産業界から他業界への転職」に関しても、今までのキャリアを元にエージェントの担当キャリアアドバイザーと相談の上決めていくと良いでしょう。

    水産(冷凍食品)業界で働いていて、正社員転職を考えているのであれば、まずはリクルートエージェントに登録してみることをおすすめします。

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    異業種転職ということでいうと、リクルートエージェントと同じくマイナビエージェントもとてもおすすめのエージェントになります。
    マイナビエージェントは都市部を中心に多種多様な求人を取り扱っていますし、サポートしてくれるコンサルタントの質がとても高いのが特徴です。
    異業種への正社員転職を考えている人は、「マイナビエージェント」もぜひ活用してみることをおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    世界60を超える国と地域に、5,500拠点を展開しているアデコも、実績の高い人気の高い転職エージェントです。
    キャリアコンサルタントのサポートが親切で丁寧なのもアデコの特徴の一つですので、アデコを活用すると、異業種への転職を安心してじっくり取り組むことが出来ると実感しています。
    アデコには海外転職案件も豊富にあるため、グローバル企業で働いてみたいという方も、アデコも登録すべき転職エージェントの一つとして、ぜひ活用してみて下さい。

  • DODA

    DODA

    水産業界から他業界への転職を考えているのであれば、DODAもおすすめの転職エージェントになります。
    なぜなら、DODAは、リクルートエージェントに次ぐ大手の転職エージェントなので、多数の幅広いジャンルの求人案件を持っているからです。
    DODAは拠点も多く、札幌、仙台、東京、横浜、さいたま、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡、那覇といった都市部に営業所があるので、これらのエリアに面談に行ける方はぜひDODAも活用してみてください。。

なお、水産業界への転職の場合、転職エージェントでは転職が決まらない場合もあるため、その場合は、こちらの転職エージェントで転職がうまくいかなかった場合の対処法の記事を参考に、転職活動の戦術を若干修正する必要が
あります。

水産業界、食肉加工業界ともに、現場の作業員はたいへん

水産業界、食肉加工業界はいずれも、人間にとってもっとも大切な「食」に直接かかわる仕事なので、やりがいのあることは間違いありません。

にもかかわらず、水産業界を辞めたいと思っている人、不満に思っている人は意外に多いようで、リサーチしてみた結果、特に現場の水産加工場の職員に多いような感じを私自身は感じました。

例えば、

「月給が20万円未満なのに、拘束時間が長く、年間休日数が少ない」

「魚の生臭い臭いが取れないし、自動切断機やナイフを使って、魚を加工するため、危険が付きまとう」

「同じ姿勢で働くため、腰を悪くしてしまった」

「水揚げ量が少ない年は、人員削減される場合もあり、将来に不安がある」

などなど、現場で作業している職員の方は、不安や不満を感じているケースが多いようです。

本社勤務の方は、デスクワークや営業活動が多いと思いますので、どちらかというと、現場で作業している作業員の方がこうした悩みや不満が多いのかもしれません。

会社ベースでいうと、輸入原材料の調達に深く関与することから、円安円高の影響を強く受けるため、国内外の政局の動向にも目が離せないところです。

水産業界の大手ってどんな会社があるの?

もちろん、「水産業界」の超大手企業は、優良企業であり、給料も高く待遇も申し分ないです。

大きく、「水産(冷凍食品)」と「食肉加工」に別れますが、一例をあげると、

  • マルハニチロ
  • 日本水産
  • ニチレイ
  • テーブルマーク
  • 味の素冷凍食品
  • マリンフーズ
  • 極洋

などが、大手企業ということで、水産業界内外ではよく知られていると思います。

一方の食肉加工業界としては、「日本ハム」や「伊藤ハム」や「プリマハム」や「丸大食品」は誰もが耳にしたことがある超大手企業が有名ですね。

水産食品加工は、もともと長期保存のためのものでしたが、消費者のニーズにより「調理時間短縮」などが主となってきているため、調理冷凍食品の売り上げの増加につながっているようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ