スマートグリッド分野の現状と就職転職状況 | 転職エージェントの選び方
スマートグリッド分野の現状と就職転職状況

スマートグリッド分野の現状と就職転職状況

スマートグリッド分野の現状と就職転職状況

電力供給をIT技術によって調整し、利用者が効率的に電力を利用できるようにする仕組みであるスマートグリッド。

東日本大震災での福島第一原子力発電所での事故後、電力供給量が再び落ち着いてきたころから、「スマート家電」といったキーワードとともに、スマートグリッド分野の採用も増えてきました。

スマートグリッド分野への就職転職求人状況としては、これまでは一部の通信機器メーカー中心に集中していましたが、現在では様々なジャンルの企業がスマートグリッド分野の採用を行っており、求人の幅が広がってきた印象があります。そのことにより、現場ではパワーエレクトロニクス・強電(重電)エンジニアだけでなく、弱電系の採用ニーズも増えてきているようです。

スマートグリッド分野へのエンジニア転職を考えている人は、下記に紹介している、エンジニア転職に特化した転職エージェント「メイテックネクスト」を活用した転職活動がお勧めです。

  • メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    スマートグリッド分野へのエンジニア転職を考えている人は、まずはメイテックネクストの登録活用をお勧めします。
    メイテックネクストは、エンジニア専門の転職エージェントなので、電気系エンジニアの転職にも強みを持っており、スマートグリッド分野への転職にまさにうってつけの転職エージェントとなります。

    メイテックネクストには、電気分野関連専門のコンサルタントがいるので、安心してその道の転職のプロと相談しながら転職活動をすすめていくことができます。
    スマートグリッド分野業界へのエンジニア転職を考えている人には、真っ先に登録活用をおすすめしたい転職エージェントになります。

また、エンジニア以外のスマートグリッドに関連している企業への総合職としての転職就職を希望していれば、当サイトでおすすめしている、下記総合系転職エージェントのいくつかに登録し、転職活動をすすめていくのが良いかと思います。

スマートグリッド分野の業界市場

電力が大事だという共通認識の中、電力が効率的に使えるスマートグリッドの市場ば伸びていくのは、自然な流れと言えると思います。

スマートグリッドを支える主な機器としては、発電された電力を蓄え、電力として出力するための「蓄電池」、かなりの量の電力損失を減らした電力ケーブル「超電導ケーブル」、給電や配電を電力の需給によってコントロールする「系統制御機器」、電力需要を都度集めて電力需給の調整を支える「スマートメーター」、電圧変化を制御する「電圧調整機器」、交流電流に直流を変換させる「インバーター・パワーコンディショナー」、電動モーターで車を駆動させる「電気自動車・EV」とそのEV用充電器などがありますが、特に日本国内ではスマートメーターの切り替え・導入が進んでいるようです。

スマートメーターについては、日本国内では大崎電気工業、東光東芝メーターシステムズ、GE富士電機メーター、パナソニックが大手企業として有名です。海外だと、スイスのランディスギア、シンガポールのSMBユナイテッド、アメリカのエシェロン、アイトロンが大手として知られています。蓄電池メーカーとしては、東芝、パナソニック、エリーパワー、ジーエス・ユアサコーポレーションが有名です。

配電・送変電企業でいうと、三菱電機、東芝、日立製作所、富士電機、東光高岳、明電舎が国内大手で、発電関連の企業だと、三菱電機、三菱重工業、日立製作所、東芝、HIH、明電舎、富士電機などが国内大手として活躍しています。

スマートグリッドは現在のところ世界的に2兆円ほどの市場ですが、予測ベースだと、2025年までに35円市場まで拡大するのではないかとみられています。新しいながらも将来性の明るい分野だと思いますので、このスマートグリッド分野への就職転職を考えている人は、積極的にチャレンジしてみるのも良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ