半導体メーカー転職におすすめのエージェント | 転職エージェントの選び方
半導体メーカー転職におすすめのエージェント

半導体メーカー転職におすすめのエージェント

半導体メーカー転職におすすめのエージェント

スマートフォンやタブレット端末の売れ行きの伸びに比例して、半導体のメモリ関連の売り上げが伸びてきています。

業界全体を見ても、売れ行きが好調な媒体がパソコンからスマホ、タブレットに変化していくことに伴って、これまで好調だった半導体企業が変革を迫られたりもしていることがうかがえます。

このような半導体業界、半導体製造装置メーカーへのエンジニア転職を考えている人は、下記に紹介している、エンジニア転職に特化した転職エージェントである「メイテックネクスト」を活用した転職活動がお勧めです。

  • メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    メイテックネクスト(MEITEC NEXT)

    半導体、半導体半導体製造装置メーカー、業界への転職を考えている人は、まずはメイテックネクストの登録活用をお勧めします。
    電気・電子・半導体分野の転職を専門としていますので、まさにうってつけの転職エージェントとなります。
    またメイテックネクストには、半導体関連専門コンサルタントがいるので、安心してその道の転職のプロと相談しながら転職活動をすすめていくことができます。
    半導体、半導体半導体製造装置メーカー、業界への転職を考えている人には、真っ先に登録活用をおすすめしたい転職エージェントになります。

半導体メーカーの業界市場

現状のところ、半導体市場の成長を支えているのは、スマートフォンの普及だといっても過言ではないと思います。

転職マニアはよくアジアの途上国に旅行に行きますが、所得水準や物価が低い国の人であっても、スマホを持っていることが多いことに驚かされます。

それほど、スマホの普及率が高く、それに伴いスマホの中のメモリなどの半導体の需要も伸びてきているのが現状だと思います。

勿論最大手は、世界的にも有名なインテル。
パソコンのCPUプロセッサといったらインテルという状況でしたが、パソコン市場が伸び悩んでいることから、ファウンドリー事業(半導体受託製造)に参加していくことを表明しています。

その他大手としては、DRAM、NAND型フラッシュメモリー最大手の韓国サムスン電子、スマホ向けプロセッサー大手のクアルコム、SKハイニックス、アメリカのマイクロン・テクノロジー、NAND型フラッシュメモリー大手の東芝、アナログ半導体大手のテキサス・インスツルメンツ、ルネサスエレクトロニクス、スイスのSTマイクロエレクトロニクス、アメリカのフリースケール・セミコンダクタ、ドイツのインフィニオンテクノロジーズ、台湾の南亜科技(ナンヤテクノロジー)が最前線で活躍しており、製造装置では東京エレクトロン、アプライドマテリアルズが大手、ファウンドリーでは、台湾の台湾積体電路製造(TSMC)、アメリカのグローバルファウンドリー図が最大手として活躍しています。

なお、東芝とサムスン電子は3次元NANDのシェア争いを繰り広げている現状があります。

半導体メーカーへの転職は、上記にお勧めしているエンジニア転職に特化した転職エージェントを活用するのが転職マニア的にもお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ