広告代理店業界の現状と就職転職状況 | 転職エージェントの選び方
広告代理店業界の現状と就職転職状況

広告代理店業界の現状と就職転職状況

広告代理店業界の現状と就職転職状況

広告代理店の仕事は、メディアの広告枠を広告主に売って手数料を得たり、掲載する広告に関する制作指示を行うという内容になりますが、これまでのテレビ、新聞、雑誌、ラジオといった4つの媒体に加え、インターネット広告の市場規模が大きく伸びてきている印象が強いです。

こうした広告代理店ですが、その華やかな仕事内容のイメージや高い給与水準から学生からの就職状況や経験者の転職市場いずれも、高い人気を誇っており、競争率もとても高めになっています。

広告代理店への内定を勝ち取る成功率を少しでも高くするためには、下記に紹介する広告、マスコミ業界への転職に特化した転職エージェントの活用がお勧めです。

  • マスメディアン(MASSMEDIAN)

    マスメディアン(MASSMEDIAN)

    旧知の広告代理店だけでなく、インターネット広告代理店の転職も、広告業界への転職に特化した転職エージェント「マスメディアン」で決まりです。

    「マスメディアン」は、マスコミ・広告業界に特化した転職エージェントで実績、求人案件数ともに首位であり他を寄せ付けない強さを持っています。
    広告業界に精通したキャリアエージェントが、求職者のキャリアや要望に応じて割り当てられ転職支援にあたります。
    広告業界への転職を考えている方は、マスメディアンを活用した転職活動をお勧めします。

また、リアル系もネット系の広告会社もすそ野が広く、求人数も多いため下記に紹介している総合系転職エージェントでも求人を多数取り扱っていると思います。そのため、マスメディアンだけでなく、複数のエージェントに登録し、転職活動をすすめていくのが良いかと思います。

広告代理店業界の市場

新興系のインターネット広告代理店として有名なのが、サイバーエージェント、セプテーニホールディングス、オプトといわれる企業で、近年SNS広告にも力を入れてきています。

対する旧来の広告代理店としては、変わらず電通が国内最大手の規模を誇っており、続いて博報堂、アサツーディ・ケイ、大広、東急エージェンシー、JR東日本企画、読売広告社、博報堂DYメディアパートナーズ、kyu、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、海外勢だと、電通イージス・ネットワーク、WPPグループ、オムニコム・グループ、ピュブリシス・グループ、インターパブリック・グループが最大手として君臨します。

ただし、広告代理店業界は、このような業界トップ企業だけでなく、大小さまざまな企業が参入しているため、広告代理店業界への転職の入り口自体は小さくはないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ