ニートや無職の知人を就職・転職させる方法 | 転職エージェントの選び方
ニートや無職の知人を就職・転職させる方法

ニートや無職の知人を就職・転職させる方法

ニートや無職の知人を就職・転職させる方法

ニートや無職の知人を就職・転職させる方法ニートという言葉をご存知でしょうか。

ニートの定義ですが、15歳から34歳までの非労働力人口のうち、専業主婦でもなく、学生でもなく、職業訓練中でもない無就業者のことをいいます。

ニートも、無職という意味では、失業者と同じですが、その違いは求職活動をしているのか、していないかの違いです。

「正社員」「派遣社員」として働こうと、就職活動、転職活動をしている人は、たとえまだ仕事が決まっていなくても、現状は失業者というだけで、ニートではないということですね。

ニートとフリーターの違いは働く意欲の有無

ちなみに、フリーターはパートやアルバイトなど非正規雇用としても働く意欲があり、求職活動している人のことを指しますが、ニートは、こうした非正規雇用としても就労意欲がないことになります。

また世間一般的に、引きこもり状態の人のことをニートと同一視する見方も多いですが、ニートには様々なタイプがいるため必ずしも同一ではないようです。

ニートには、進学したりや資格を取得するために勉強中の人や、病気やケガが原因で働ける状態にない人も含まれるため、一概には言えませんが、ニートの大半は

  • 以前仕事を探したけど無理だった
  • 自分のキャリアや能力が通用するか自信がない
  • 働く気力がわかない
  • 不景気だしどうせ仕事は見つからないと思っている
  • 金銭的にすぐに働く必要はないと思っている

といったように、すでに働く意欲を失っているケースが多いようです。

ニートの子供を持つ親御さんの不安はな気持ちは十分理解できますが、このようなニート状態の子供全員に、自分の意思だけで今すぐ動き出すことを期待することは難しいでしょう。

20代ならニートでも正社員転職の可能性は残されている

それではニートに就職活動・転職活動をはじめてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

一番効果的なのは、「ニートでも働き口はある」ということを、本人に知ってもらうことです。

そして「働き続けることで明るい未来が見えてくる」ことを、ニート本人に気づかせることだと思います。

ニートは自分の意思で働くことを拒絶しているわけですから、

  • 必ず、自分の能力を活かせる仕事が見つかること
  • そこで働き続けることで明るい未来が見えてくる

ことを何らかの方法で教えてあげる必要があります。

ちなみに、下記にも書いていますが、20代であれば適切な転職媒体を活用することで、ニートでも正社員転職の道は残されています。

20代ニートが正社員転職するために活用すべき転職媒体【厳選5】

  • DYM就職

    DYM就職

    DYM就職は、20代既卒者の就職、転職に特化した転職エージェントです。
    DYM就職の特徴の1つに利用者の就職率の高さがあるのですが、「DYM就職活用者」の実に96%が職を得ていることで、利用者の就職成功者の累計が5000人を突破しているそうです。
    そのため「就活失敗して、不本意ながら現在20代既卒状態」といった無職の人にとって有益な就職支援サービスになっています。
    またDYM就職は、優良企業求人の保有数が2000社を超えていることもあり「新卒就活時はブラック企業ばかりでうんざりした、、」という現在20代既卒者にもおすすめできる転職支援サービスになります。

  • 若者正社員チャレンジ

    若者正社員チャレンジ

    人材業界最大手のパーソルキャリア株式会社が提供しているサービス「若者正社員チャレンジ」は、「正社員として働きたい」という気持ちを抱きながらも、何らかの理由で、ニートなど無職状態を続けている「29歳以下の若者」に対して、「実習先企業」での実習を通して、正社員就職につなげるための画期的なサービスです。

    若者正社員チャレンジの応募対象者としては、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3 年以上が経過した29 歳以下の求職者で、「卒業後就職・就業経験がない方」「卒業後、非正規での就業経験のみの方」「直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方」に限定されますが、早くニートを脱出して正社員として働きたいという方は1日も早めに参加(登録)されることを強くおすすめします。

  • JAIC

    DODA

    「JAIC」は、20代の既卒の就職に強みを持っている就職支援サービスになります。
    そのため、ニートであってもまだ20代であれば、その若さとポテンシャルを期待している企業への橋渡し的な役割を担います。
    JAICは、ニートを優良企業の正社員職に導くサポートに徹することを使命としているのですが、これまでに12000人以上の正社員就職の支援実績数があり、その就職成功者の割合は、80%を超えているそうです。
    ニート可能な就職支援とあって、ブラック企業求人も多いんじゃないか?と心配される求職者もいらっしゃると思いますが、JAICでは、未経験OKの優良企業だけを紹介するということを特徴としているので、安心して利用できるのではないかと思います。
    「20代のニートが今すべきことは何なのか」「職歴がないため面接に不安がある」「ニートなので履歴書や自己PRをどのように書けばよいのか」・・・など、ニートならではの質問や不安を、JAICのプロのコンサルタントにどんどん聞いてみましょう!

    20代のフリーター、既卒者の転職であれば、まっさきに活用を検討すべき転職支援サービスになります。

  • ハタラクティブ

    ハタラクティブ

    「20代のフリーター、既卒、未経験からの正社員就職」を掲げるハタラクティブは、20代のニートが就職するうえで大きな手助けになってくれるでしょう。
    未経験OKの求人案件を1000件以上抱えていることもあり、20代のうちにニートを卒業したいと思っている人はぜひ活用すべき就職支援サービスだと思います。
    ハタラクティブは、JAICに次いでおすすめな20代ニートの就職支援サービスだと感じています。

    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • 第二新卒ナビ

    第二新卒ナビ

    「第二新卒ナビ」は、既卒、フリーター、第二新卒者の転職に特化した転職支援サービスです。
    コンサルタントによるサポートがとても親切丁寧なことが特徴的で、その結果、求人企業への書類通過率が87%と高いレベルを維持しています。
    そのため、第二新卒ナビはじっくりと転職活動をすすめたい、既卒者やフリーターにとっておすすめの転職支援サービスになります。
    ※口頭でのやり取り(メールアドレスや住所の言い間違えや聞き間違え)により、誤った個人情報が登録されてしまうリスクを避けるため、サイトへの登録は「フリーダイヤル」からではなく「WEBサイトフォーム」から行うことをお勧めします。

  • AGENTneo

    第二新卒AGENTneo

    AGENTneoは、20代のフリーター、既卒者の転職支援に特化した転職エージェントです。
    未経験OKの求人が5000件以上も保有しているのが特徴的ですが、こうした求人企業がブラック企業的な要素がないか厳選してくれているため、既卒者やフリーターが安心して活用できる転職エージェントになります。
    また残念なことに応募した企業に不採用だった場合でも、採用担当者が不採用だった理由を教えてくれるのも、他のエージェントにはないユニークなサービスだと思います。
    20代のフリーター、既卒者の転職であれば、活用を検討すべき転職エージェントの一つになります。

今無職で働いていないけれど、まずは働くことから始めたいと考えている人は、転職求人サイトをメインで活用していくのが良いでしょう。

まずは無職状態に終わりを告げ、新しい仕事を覚えることから始めます。

未経験者採用の場合、確かに給与面など待遇はよくないかもしれません。

ですが、そこで他社でも活かせるキャリアを身に着けさえすれば、こちらのものです。

その会社で賃金アップの交渉をするのもよいですし、他社に高く自分を売り込むのも良いでしょう。

とにかく、無職、ニート状態で腐ることが一番よくありません。

自分が社会から必要とされていないと思いこむことは、精神的にも良くないですし、時間ももったいないです。

まずは、どういう形でも良いので社会に出ることから始め、そこでしっかりと実力をつけ、次へステップアップすれば、明るい未来が少しずつ近づいてくると思います。

ブランクは気にせず職歴を付ける

ニート、無職の期間が長い人に多いのが、ブランクが長いから、どの会社も採用してくれないだろうと諦めてしまっているケースです。

確かにブランク期間は短いに越したことはないですが、過去は変えようがないので、これからどうするかの方が何倍も大事です。

もちろん簡単ではありませんが、まずは、ニート、無職状態から脱却することが重要です。

転職サイトでも未経験者可という募集は数多くあるので、その中から自分が得意で長く続けられそうな仕事を選ぶと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ