給料の高い仕事・業種はどこ? | 転職エージェントの選び方
給料の高い仕事・業種はどこ?

給料の高い仕事・業種はどこ?

給料の高い仕事・業種はどこ?

給料の高い仕事・業種はどこ?みなさんが就職先、転職先の会社を選ぶ時のポイントにしているものは何でしょうか?

・頑張りが評価につながりやすい会社かどうか
・働いて楽しいかどうか
・やりがいが感じられるか
・長く働ける職場かどうか
・キャリアアップできるか
・職場は通いやすい距離にあるかどうか
・社会の役に立つ仕事内容かどうか
・人間関係的に働きやすい職場であるかどうか
・ライフワークバランスを考え、勤務時間は妥当かどうか

人によって、いろいろな基準を自分の中で決めていると思います。

おそらくその中でも、多くの人が共通に持っている企業選びのポイントとして、
その会社のお給料が高いかどうか
という基準が必ずあると思います。

お金は、生きていく上でなくてはならないものですので、給与が多くもらえる会社を転職先に選ぶというのは、ごく自然な行為だと思います。

では実際に、給料を多くもらっている仕事はどんな業種なのでしょう?
給与をたくさんもらうには、どのような会社を私達は選んでいけばいいのでしょう?

給与が高い職業は昔から大きくは変わっていない

IT・ネット社会が広がり、グローバル化が進む中、世の中は大きく変わりました。
雇用形態も大きく変わり、これまで成長分野だった業界が、成熟産業、斜陽産業、衰退産業へと交代してしまったり、いろいろな事が大きく変化しました。

ですが、こと給料の多さ少なさで見てみると、意外と昔から大きくは変わっていないようです。(※2013年頃のデータとなります)

まず高給な業界として目立っているのが、マスコミ・マスメディア(情報通信)です。

マスコミ業界の代表的な会社に、日本テレビホ-ルディングス、TBSホールディングス、フジ・メディア・ホールディングス、朝日放送、テレビ朝日ホ-ルディングス、電通、博報堂DYホールディングス、スカパーJSATホールディングス、テレビ東京ホールディングス、アール・ケー・ビー毎日放送、中部日本放送、WOWOWなどがありますが、いずれも平均給与が年1,000万を超えており、高報酬な業界としての地位を確立しています。キャリア的にマスコミ業界を狙える人は、年齢が若いうちに是非チャレンジしてみてください。

マスコミ業界に負けないぐらい高い年収をもらっている業界として、商社・卸売業界があります。

この中でもとくに高額報酬をもらっている会社として、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、ミツウロコグループホールディングス、丸紅、双日、豊田通商、バイタルケーエスケー・ホールディングス、などのがあげられ、中には、社員の平均給与額が1500万円近くにもなる大手商社もあります。

銀行・証券・保険業界の給与も、上記の2業界に負けず劣らず高額給与なのは昔から変わっていません。
野村ホールディングス、東京海上ホールディングス、NKSJホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、三井住友フィナンシャルグループ、MS&ADインシュアランス、三菱UFJフィナンシャル・グループ、東海東京フィナンシャル・ホールディングス、山口フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、じもとホールディングス、りそなホールディングスといった金融、保険会社も、平均年収もデータ上は900万円~1300万程度になっているようです。

それから、医薬品業界も、大手を中心に高年収になっており、大塚ホールディングス、シンバイオ製薬、エーザイ、アステラス製薬、第一三共、キョーリン製薬ホールディングス、みらかホールディングス、武田薬品工業、中外製薬いずれも、1000万円近く平均給与があるようです。

IT情報通信業界も平均給与が高い業界として有名で、野村総合研究所、ソフトバンク、NTTドコモ、NTTデータ、日本オラクル、KDDI、NTT、伊藤忠テクノソリューションズ、トレンドマイクロ、オービック、グリー、ヤフー、グーグルなどがその代表として上げられます。

その他平均給与が高い業種、職種としては、三井不動産、三菱地所、野村不動産ホールディングス、東京建物、NTT都市開発、大京などの不動産業界

スクウェアー・エニックス・ホールディングスに代表されるゲーム業界

安定している上に高給な、中部電力、中国電力、J-POWER、関西電力、九州電力、北海道電力、東北電力、四国電力、北陸電力、沖縄電力、東京ガス、大阪ガス、静岡ガス、中部瓦斯、西部ガス、東邦ガス、東京電力、京葉瓦斯、ファーストエスコ、北海道ガス、広島ガス、北陸ガスなどの電気・ガス業界があげられます。

いずれにしても、これらの企業に転職するためには、各種転職サービスを利用することになると思います。

当サイトでは、こういったハイクラス転職であればあるほど、転職エージェントを活用した転職が一番有効だと考えているため、これらの企業への転職活動の最初の一歩は転職エージェントに登録するところだと思っています。

もちろん、どの企業の求人をどの転職エージェントが持っているかは、転職エージェントに登録して、利用してみないことにはわからない面もありますから、まずは登録して活用してみるところから始めてみると良いと思います。

その他高給といわれている会社

その他にも、ANAホールディングス、DOWAホールディングス、IHI、J.フロント リテイリング、JXホールディングス、KDDI、MS&ADインシュアランスグループホールディングス、NKSJホールディングス、NTN、SUMCO、T&Dホールディングス、TDK、TOTO、あおぞら銀行、アサヒグループホールディングス、アステラス製薬、アドバンテスト、アマダ、アルプス電気、イオン、いすゞ自動車、エーザイ、エヌ・ティ・ティ・データ、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、オークマ、オリンパス、カシオ計算機、キッコーマン、キヤノン、キリンホールディングス、クボタ、クラレ、クレディセゾン、コナミ、コニカミノルタホールディングス、コムシスホールディングス、サッポロホールディングス、ジーエス・ユアサ コーポレーション、ジェイ エフ イー ホールディングス、ジェイテクト、シチズンホールディングス、シャープ、スカパーJSATホールディングス、スズキ、セコム、セブン&アイ・ホールディングス、ソニー、ソニーフィナンシャルホールディングス、ソフトバンク、ダイキン工業、テルモ、デンソー、トクヤマ、トヨタ自動車、トレンドマイクロ、ニコン、ニチレイ、パイオニア、パナソニック、ファーストリテイリング、ファナック、ふくおかフィナンシャルグループ、フジクラ、ブリヂストン、マツダ、マルハニチロホールディングス、みずほフィナンシャルグループ、ミツミ電機、ミネベア、ヤフー、ヤマトホールディングス、ヤマハ、ユニーグループ・ホールディングス、ユニチカ、リコー、りそなホールディングス、旭化成、旭硝子、安川電機、伊藤忠商事、宇部興産、荏原製作所、塩野義製薬、横河電機、横浜ゴム、横浜銀行、王子ホールディングス、沖電気工業、花王、関西電力、丸井グループ、丸紅、京セラ、京王電鉄、京成電鉄、協和発酵キリン、古河機械金属、古河電気工業、高島屋、国際石油開発帝石、三井化学、三井金属鉱業、三井住友トラスト・ホールディングス、三井住友フィナンシャルグループ、三井造船、三井不動産、三井物産、三越伊勢丹ホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三菱ケミカルホールディングス、三菱マテリアル、三菱自動車工業、三菱重工業、三菱商事、三菱製紙、三菱倉庫、三菱地所、三菱電機、資生堂、鹿島建設、住友化学、住友金属鉱山、住友重機械工業、住友商事、住友大阪セメント、住友電気工業、住友不動産、商船三井、小松製作所、小田急電鉄、昭和シェル石油、昭和電工、松井証券、信越化学工業、新生銀行、新日鐵住金、神戸製鋼所、清水建設、西日本旅客鉄道、静岡銀行、積水ハウス、千代田化工建設、千葉銀行、川崎汽船、川崎重工業、双日、太平洋セメント、太陽誘電、大阪瓦斯、大成建設、大日本スクリーン製造、大日本印刷、大日本住友製薬、大平洋金属、大林組、大和ハウス工業、大和証券グループ本社、第一三共、第一生命保険、中外製薬、中部電力、帝人、電気化学工業、電通、東ソー、東レ、東海カーボン、東海旅客鉄道、東急不動産、東京エレクトロン、東京ドーム、東京海上ホールディングス、東京瓦斯、東京急行電鉄、東京建物、東京電力、東芝、東日本旅客鉄道、東武鉄道、東宝、東邦亜鉛、東洋製罐、東洋紡、凸版印刷、日揮、日産化学工業、日産自動車、日新製鋼、日清製粉グループ本社、日清紡ホールディングス、日東紡績、日本たばこ産業、日本ハム、日本化薬、日本碍子、日本軽金属、日本水産、日本精工、日本製鋼所、日本製紙グループ本社、日本曹達、日本通運、日本電気、日本電気硝子、日本電信電話、日本板硝子、日本郵船、日野自動車、日立建機、日立製作所、日立造船、富士フイルムホールディングス、富士重工業、富士通、富士電機、武田薬品工業、平和不動産、宝ホールディングス、豊田通商、北越紀州製紙、本田技研工業、味の素、明治ホールディングス、明電舎、野村ホールディングスなどの会社は、高給な会社として一般的に知られています。

興味のある人は、是非転職エージェントを活用して、行きたい企業の転職にトライしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ