テレアポ向いてないしノルマがきつい | 転職エージェントの選び方
テレアポ向いてないしノルマがきつい

テレアポ向いてないしノルマがきつい

テレアポ向いてないしノルマがきつい

テレアポのノルマがきついテレアポとは、テレフォンアポインターの略で訪問販売、通信販売などにおいて、電話を使って、個人や企業に対して勧誘、営業活動を行う、アポイントを取るのことを言います。
受け電話専門のインバウンド営業と区別し、アウトバウンド営業とも呼びます。

営業には、ルート営業、飛び込み営業などいろいろな手法やり方がありますが、電話を使った営業である、このテレアポもその一つです。
特徴としては、テレアポする側もされる側も、お互いにシンドイ思いをすることが多々あるということがあります。

テレアポのノルマがきびしいという声がありますが、そもそもテレアポほど、向き不向きがはっきりしている仕事もないと思います。
テレアポの仕事を数か月して、ストレスで胃に穴が開くほど辛いと思う人は、はっきり言ってテレアポの仕事向いていないと思うので、早めの転職をお勧めします。

相手の時間を奪うという行為に引け目を感じてしまう

テレアポすることが苦痛だと感じる人にとって、一番やりきれないところは、テレアポすることで、相手の時間を奪うという行為に引け目を感じてしまうことなのだと思います。

相手に感謝されているか、煙たがられているか、不快な感情を持たれているかは、直接電話をしている本人が一番感じることだと思います。

仕事とはいえ、相手がめんどくさそうに、こちらの話を聞き流していることを感じると、どんなにメンタルが強い人間でもかなり精神的に凹むのはしょうがないことだと思います。

そこで、その事実をいかに気にせずプラスに前向きにとらえることができるかどうか。仕事だと割り切って気分をリフレッシュして次の電話番号にテレアポを開始できるかどうかで、テレアポの仕事を続けていけるかどうかが決まってくると思います。

テレアポの魅力はインセンティブ報酬

テレアポの仕事が天職だと思う人は、それほど多くないと思います。
テレアポが向いていて、心底大好きという人は、よほどメンタルが強い人か、どんなシチュエーションでも、お客さんとの会話を前向きに楽しめる人だと思います。
ですが、おそらく少数だと思います。

多くの場合、テレアポには成果に見合ったプラスアルファの報酬が支払われます。
固定給とは別に成果に応じて支払われるインセンティブ報酬です。

ですので、テレアポが長く続けている人の多くは、「インセンティブなど報酬面」に魅力を感じ、機械的にテレアポ作業をこなしている人が大半だと聞きます。

トークスクリプトなど、マニュアルにそって、機械的に感情を殺して、ただひたすらリストに書かれてある電話をかけまくる。
そう割り切っている人が大半なのです。

「二度と電話かけてくるな!」と怒鳴られても、「この電話番号どこで仕入れたんだ?上司を出せ!」と怒鳴られても、ひたすら謝り、気持ちを切り替える間もないまま、マシンのごとく次の電話番号に電話をかけ続けるのです。
ここまで来ると、気にしたら負けの世界です。

生理的にテレアポ無理!であれば転職を!

ただ報酬に魅力があったとしても、生理的にテレアポは向いてないって人はかなり多いと思います。
そのような精神的につらい状態のまま、テレアポを続けていくのは、精神的にも決して良くはありません。

うつ病、躁鬱病など精神病を患ったり、胃潰瘍など内臓疾患を患ってからでは手遅れになってしまいます。
私たちの身体の健康を会社は守ってくれません。自分の身は自分達で守るしかないのです。

テレアポ以外にも、ルート営業など他の営業手法やDM(ダイレクトメール)を使って見込み客を発掘していくマーケティング手法もあるので、テレアポ向いてないな、目標ノルマがきつすぎるなと感じる人は、早めに転職活動をはじめてみるのも良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ