会社を辞める決断をしよう! | 転職エージェントの選び方
会社を辞める決断をしよう!

会社を辞める決断をしよう!

会社を辞める決断をしよう!

会社を辞めたいなぁという思いが「確信」に変わったのであれば、まずは会社を辞める決断をしましょう。

「会社を辞める決断」とは、会社を辞めて転職するという意思を自分自身に決意表明することです。

その決断が

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 転職活動に要する期間を見積もる
  3. ざっくりとした退職月を決める
  4. 転職エージェントで転職活動を開始する
  5. 応募した企業から内定をもらう
  6. 今の会社に退職の意思表示をする
  7. 退職日まで引き継ぎ作業をする
  8. 新たな職場で働き始める

という現実的なアクションを取ることにつながります。

取り急ぎ、今の会社を辞めて新しい職場で働くためには、転職エージェントへの登録が最初の一歩になるので、まずは下記の転職エージェントに登録するところから始めてみてください。

転職エージェントから折り返し連絡があるので、これから転職活動が始まるのだという実感がわいてきます。

会社を辞めて当分「無職」で家に引きこもるという選択肢もありますが、専業主婦にでもならない限り、会社を辞めて仕事をしないという選択肢はあまりおすすめできません。

いったん「無職」になって、月日が過ぎてしまうと、社会人に再復帰することがどんどん難しくなってしまうからです。

忙しすぎて退職日までの間に転職活動が出来なそうな場合であっても、最低限、会社を辞める前に転職活動する上で必要になる「転職エージェントへの登録」はしておくべきでしょう。

行動力がない自分を変える方法

「他の会社に転職したい」と思った瞬間すぐに行動に移せる人がいる一方、会社に不平不満があるのに、行動に移さず、いつまでも会社を辞めなずにグズグズしている人がいます。

前者には、新たな未来が訪れる一方、後者には、当然何も変わらない不平不満の現実が毎日続くだけです。

「あのひと、まだあの会社に残ってるの?ずいぶん前から辞めたいって言ってたのにね・・・」

なんて、さっさと見切りをつけて辞めていった昔の同僚社員達から言われるのは、悲しい限りです。

行動力の有無といえばそれまでですが、この両者の違いは何なのでしょうか。

それは「初動」のアクションをできるだけ早く起こすことです。

最初のアクションを

サブコンテンツ

このページの先頭へ