30代がこの転職エージェントを使うべき3つの理由 | 転職エージェントの選び方
30代がこの転職エージェントを使うべき3つの理由

30代がこの転職エージェントを使うべき3つの理由

30代がこの転職エージェントを使うべき3つの理由

30代の転職でもっとも気を付けるべきポイントは、ずばり「転職の進め方」です。

転職の進め方を間違えると、「自分の適正年収よりもはるかに安く買いたたかれてしまうケース」も少なくありません。

もちろんこれは30代に限った話ではなく、20代の転職であっても同じなのですが、30代の方が転職で失敗した時と成功したときの開きが大きいということです。

理由は簡単で、社会人になってからこれまでの間に積み重ねてきたキャリアが、両者では10年程度も違うため。

例えば、25歳の人材同士と35歳の人材同士を比べたときに、後者の方が人材価値に大きな違いがあるケースが多いということです。

つまり、自分をできるだけ高く企業側に評価されるように、転職を進める必要があるということです。

そのためにも、次の3つことに気を付けて転職活動を進めていくことをおすすめします。

絶対にまずは転職エージェントを使って活動すること!

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    30代の即戦力ビジネスパーソンが活用すべき転職エージェントの筆頭は何といっても、このマイナビエージェントです。

    男女問わず、中途採用の30代転職はマイナビエージェントに登録するのが最初の一歩になります。

    求人数でこそリクルートエージェントの方に分がありますが、転職エージェントを活用する大きなメリットは、担当で転職サポートについてくれるキャリアエージェントによる転職支援サービスの質です。

    応募書類へのアドバイス、面接対策、求人企業採用担当者に対する対応など、きめ細やかな対応に関しては、数ある転職エージェントの中でも、「マイナビエージェント」と「アデコ」は一歩リードしているという実感を持っています。

    もちろん、30代をはじめとした若年層の転職に特に力を入れているのもマイナビエージェントの特徴ですので、まずは30代サラリーマンが転職の際、もっとも登録すべき転職エージェントになると自信をもっておすすめできます。

    ※転職活動は複数の転職エージェントを併用しながら使い分けることがポイントなので、このマイナビエージェントを中心に、合計3つ程度の転職エージェントに同時に登録して活用されることをおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    アデコもまた、30代のビジネスパーソンが転職活動で活用すべき転職エージェントになります。

    アデコはマイナビエージェントにも負けないレベルの、高いキャリアエージェントのサポートの質が特徴で、30代の即戦力人材の転職支援に特に力を入れています。

    また、世界各地に拠点を持っていることもあり、30代の外資系企業求人にも強いパイプを持っているのも、グローバル企業のアデコの強みです。

    何と言っても、アデコは60を超える国と地域に5,000以上の拠点を持っていますからね。

    もちろん、南は九州の福岡、北は北海道まで、アデコは日本各地にも多くの拠点を持っているため、男性も女性も30代の地方でのビジネスパーソンに強くおすすめできる転職エージェントになります。

    ※複数の転職エージェントを併用しながら使い分けることが転職活動のポイントなので、このアデコと上記のマイナビエージェントともう一社の、計3つ程の転職エージェントに同時に登録して活用されることをおすすめします。

  • リクルートエージェント

    リクナビエージェント

    リクルートエージェントの最大の特徴は、その取扱い求人数の多さです。

    30代即戦力を対象とした、公開求人、非公開求人の総数は、他の転職エージェントを圧倒しており、断トツに多いです。

    知名度の高さからリクルートエージェントの利用者が多いこともあり、マイナビエージェントやアデコほどきめ細かいサポートを受けられないこともあるかもしれませんが、30代転職希望者にとって、対象となる求人の取扱数がどのエージェントよりも多いというのは、登録しない理由が見つからないほどメリットの大きいものだともいえます。

    30代ビジネスパーソンのおすすめのリクルートエージェント活用法としては、上記の「マイナビエージェント」「アデコ」との併用です。

    求職者サポートの質が高いと定評のある「マイナビエージェント」と「アデコ」を活用しながら、リクルートエージェントの多彩な求人をチェックし、リーチできる求人の中からもっとも自分に合ったところに応募していくという使い分けが、最も効率的かつ密度の高い転職活動を進めるポイントだと思っています。

  • ランスタッド

    ランスタッド

    ランスタッドは、50年以上の歴史を持つ世界最大手のグローバル転職エージェントです。
    各業界・職種に精通した専任のキャリアコンサルタントのサポートの質にも定評があります。

    世界最大手なだけあって、都市部だけでなく、地方にも数多くランスタッドの支店があるため、地方での30代求職者にもうれしい転職エージェントになります。

  • DODA

    DODA

    DODAの特徴は、リクルートエージェントに次ぐ大手の転職エージェントなので、幅広いジャンルの求人案件を多数持っているのが特徴であり強みになります。

    国内最大規模のDODAだけあって、もちろん、30代の求人の取扱数はかなりの数になります。

    DODAの拠点は、札幌、仙台、東京、横浜、さいたま、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡、那覇といった都市部にのみ存在するので、これらのエリアに面談に行ける方のみサポート対象の転職エージェントになります。

30代が転職サイトを使うべきでない唯一の理由

転職サイトと転職エージェントの違いはすでにご存知だと思いますが、このように、30代はまずは転職エージェントを使って転職活動をはじめるべきだと思います。

逆に言うと、30代の転職で使う媒体として、転職サイトやハローワークを真っ先に選ぶべきでないということです。

なぜなら、転職サイトやハローワークの場合、自分で求人を探して応募することになるため、求人を自分独りの主観で選ばざるを得ないからです。

そうなると、自分が興味を持った求人が客観的に見てブラック企業だったとした場合、誰も止めることができなくなってしまい、結果として転職した企業がブラック企業だったという最悪の事態を招くことが少なくないのです。

30代の転職でもっとも大事なことは、今の自分のキャリアをもっとも評価してくれる会社に応募し、転職内定を勝ち取ることです。

その、「今の自分のキャリアをもっとも評価してくれる会社」を提案してくれるのが、こうした転職エージェントというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ