スキルなんて未経験者歓迎の会社に入社して習得すべし | 転職エージェントの選び方
スキルなんて未経験者歓迎の会社に入社して習得すべし

スキルなんて未経験者歓迎の会社に入社して習得すべし

スキルなんて未経験者歓迎の会社に入社して習得すべし

異業種転職であったり、経験がない分野へのチャレンジの場合、そのスキルをどこで習得するのかが問題になってきます。

そして、新しいスキルを手に入れるために多くの人が、会社を辞めて専門学校に入りなおしたり、通信講座を受講したり、ハローワークの職業訓練を受けたりしている現状があります。

必要な技術を身につけた後、満を持して転職活動を始めるってことですね。

その考え自体は、まじめで悪くないと思うのですが、個人的にはあまりおすすめできません。

お金も時間ももったいないし、他にいい方法があるからです。

1.スキル習得のために専門学校通う大きなデメリット

ここではIT業界を例にしてみたいと思います。

例えば、転職したい企業がJAVAでコーディングのできるエンジニアを募集していたとして、JAVA言語習得のために、IT専門学校に通うケースを考えてみましょう。

まず入学金や授業料などのお金が必要になってきます。

せっかくこれまで働いてためてきたお金を、100万近い専門学校の入学金や授業料に充てるのはもったいなくないですか?

また、忙しすぎて働きながら専門学校に通うのが難しいって人は、一度会社を辞めてから専門学校に通い始めるって人もいるみたいです。

これは本当に辞めた方がいい。

いまのサラリーマンにとって「キャリア(職歴)」が全てです。

職歴とは「それまで就いてきた職業についての経歴」なので、会社辞めている期間は何の職歴もないことになってしまいます。

つまりその間、企業で働いていないブランク期間となってしまうわけで、本当に転職活動で大きなデメリットになってしまいます。

新しいスキル習得のために「専門学校通ったり」「ハローワークの職業訓練に通ったり」「大学院に入ったり」することには、このような大きなデメリットがあることを覚えておいてください。

ただし、これには一つ大きな例外があります。

2.技術習得のために専門学校行くなら「就職を保証してくれる」学校を選ぼう

ただ技術習得のために専門学校に行くのはリスクが高すぎますが、コース受講後「ある程度の年収の転職先を保証する」という専門学校であれば話は全く異なってきます。

この手の専門学校は、受講生を一流のエンジニアに育て、企業に即戦力人材として紹介することで、報酬を受け取るところが多いですので、やる気のある受講生には本気で丁寧に指導してくれます。

今回は、そのようなおすすめの専門学校のうち、万が一受講しても就職先が決まらない場合も、支払った受講料を全額返金すると「返金保障」することを定めている、エンジニアとして働きたい本気の人に、心底おすすめのプログラミングスクールをおすすめしたいと思います。

  • Webスク

    Webスク

    Webスクとは、受講生全員に年収400万円以上の転職を保証する実践型のプログラミングスクールです。
    もし受講生が転職できなかった場合は、受講料の「全額返金」を保証してくれるため、スキルを身に付け、ITエンジニアとして職を得たいと考えている人にとっては、まさにうってつけのプログラミングスクールになります。
    東京の渋谷で無料カウンセリングを行っていますので、今日ものある人は下記「WEBスク」の公式サイトから申し込んでください。

東京の渋谷で受講することになるため、東京、千葉、埼玉、神奈川エリアに住んでいて、しっかり技術を身に付け首都圏エリアのIT企業に転職したいという方向けのプログラミングスクールになります。

そもそもIT企業の求人は圧倒的に首都圏の企業が多いため、地方在住者で転職先がみつからないなと感じている人は、東京近辺で就職するというのも合理的な選択肢になりえると個人的には思います。

興味のある人は上記リンク先の「WEBスク」公式サイトで内容をチェックしてみてください。

3.新たなスキルは、未経験者歓迎の求人に応募して会社のOJTで身につける!

ただし、上記「WEBスク」のように、プログラミング技術を教えるだけでなく、IT企業への転職への橋渡しをしてくれ、さらに転職できなかった場合に全額返金保障してくれるようなところはなかなかありません。

基本的には、スキル習得のための多額の出費や、習得するために職歴のブランクを作らないためにも、新たなスキルは、未経験歓迎の求人に応募して会社のOJTで身につけるのがおすすめですね。

例えばITエンジニアを例にとると、未経験者OKの求人には、

  • 20代であれば開発経験すら未経験でも応募可能な求人
  • JAVAが未経験でもCやC#など他のプログラム言語での開発経験があれば応募可能な求人
  • ネットワーク構築経験がなくても、ソフトウェア開発経験があれば応募可能な求人
  • データベース構築経験がなくても、仕事でコーディング経験があれば応募可能な求人

など温度感が様々と言えど、わざわざ専門学校に通ってスキルを習得しなくても、入社後の研修やOJTで身につけることで足りるケースが少なくないこともわかると思います。

何はともあれ、まずは転職活動をはじめて、転職エージェントの紹介してくれる求人の中に、自分が応募できる企業があるかどうか確かめてみることです。

<参考記事>転職活動で活用すべきおすすめの転職エージェント【TOP3】

一度仕事を離れてしまうと、再度復帰するのにかなりの時間と労力を要します。

自分の判断だけで、何かのスキルを習得するために会社を辞めて、職歴に大きなブランクを空けてしまうのはとてもリスクの高い行為だということを肝に銘じておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ