円満退職なんてしなくていいです | 転職エージェントの選び方
円満退職なんてしなくていいです

円満退職なんてしなくていいです

円満退職なんてしなくていいです

円満退職なんてしなくていいです会社を退職するにあたり、円満退職を第一に考える人がいると思いますが、はっきりいって第一に優先すべきは円満退職なんかではありません。

もちろん、円満退職であるに越したことはないですし、会社に迷惑をかけずに辞めることはとても大事ですが、円満退社を最優先にしなくてもいいということです。

というか、あなたが辞めてほしくない人材であればあるほど、「辞められたくない会社側」と「辞めたいあなた」との利害関係は全く真逆で一致しないため、退職というのはある程度揉めるものだという前提で考えておいた方が良いでしょう。

真面目な社員ほど、円満退職しないと、会社に残る同僚社員に迷惑をかけてしまうと心配するみたいですが、法律や就業規則にのっとって退職の意思表示をし、退職日まで引き継ぎ作業を常識の範囲内で行えば、何の問題もありません。

会社は組織で動いているので、あなたが辞めてもその代役を用意する義務は会社側にあります。

あなたが会社を辞めることで、一時的に他の社員に負担がかかることは考えられますが、そもそも「退職」とはそういうものなので全く気にすることではありません。

冷静に退職手続きをしながらも、粛々と転職活動その他をすすめれば良いでしょう。

退職時は、自分の将来を最優先すべし!

当たり前ですが、退職時は自分の将来を最優先すべきです。

決められた退職手順さえ遵守すれば、あとは繁忙期だろうが人手が足りなかろうが、勇気をもって自分のキャリアを優先させてください。

あなたにとって、退職する会社は過去の存在です。
あなたがいくら今の会社に気を遣おうが、義理を果たそうが、一会社があなたの人生に責任を持つことなどできません。

今後、辞めた会社の友達と仲良くやっていきたいと考えている人もいると思いますが、それは「辞めた会社」ではなくて、「辞めた会社でいっしょに働いた社員」です。

本当に仲の良かった社員であれば、円満退職でなくても、交流は続くのでそんなこと気にする必要はありません。

円満退社を目指すのではなく、自分の将来を最優先しましょう。

自分の人生に責任を持てるのは自分だけですので、自分が生き残るために自分の価値を最大限にする選択肢を選ぶべきでしょう。

そのようなことに神経をすり減らすのではなく、転職エージェントを使って、少しでも条件の良い転職先を見つけることに心血を注いでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ