年収を350万から500万に上げる方法は3つだけ | 転職エージェントの選び方
年収を350万から500万に上げる方法は3つだけ

年収を350万から500万に上げる方法は3つだけ

年収を350万から500万に上げる方法は3つだけ

年収を350万から500万に上げる方法は3つだけ年収400万円代で何年もくすぶっている人はとても多いです。

例えば、

「新卒入社1年目・・・年収350万」
「新卒入社2年目・・・年収355万」
「新卒入社3年目・・・年収360万」
「新卒入社4年目・・・年収365万」
「新卒入社5年目・・・年収370万」

・・・このようなスローペースで年収アップしてたのだとしたら、年収400万はおろか、いつまでたっても500万到達なんて夢のまた夢です。

その一方で、かつての同僚だった知人が、久々に再開してみると自分の倍近くの年収をもらっていることなんてざらにあります。

その違いは何なのでしょうか。

今回は、年収を350万から500万に上げる方法という例を題材に、年収アップするための3つの方法とその実現性について書いてみたいと思います。

給与交渉時にアップを直訴

通常、社員には会社との給与交渉の場が設けられます。

「前期からのあなたの年収アップはいくらになります。」

「その結果次の1年の年収はいくらになるので、月給がいくらになります。」

という会社からの一方的な通知となりがちですが、まとも会社であれば、この給与交渉に際して協議の機会が与えられます。

自らの希望給与額を伝えることに何の問題もないため、自分の望む給与と提示された給与に受け入れられない開きがあるのであれば、「実績的に自分はいくらもらう価値はあると思うので、再考して欲しい」と希望を伝えると良いでしょう。

ただし、そのことで給与が大きくアップする可能性は、正直限りなくゼロ(0%)に近いです。

上がったとしても、月給+2000円程度。

今の会社との交渉によって、「年収を350万が年収500万に上げる可能性なんて皆無!」と思って間違いありません。

「給料上げないと辞めますよ」と退職をチラつかせる人も中にはいると思いますが、交渉したら年収が爆上げするのであれば、他の社員もこぞって給与交渉するので、会社の秩序がそもそも成り立ちません。

給与交渉時にアップを直訴しても、成功したとしてもごくわずかと思って間違いないです。

会社での本業とは別に副業で金を稼ぐ

同じ会社で一気に年収が100万円以上アップする可能性は限りなくゼロだという話をしましたが、会社が副業を許しているのであれば、本業の年収アップは期待せず、副業で100万円以上稼いで上乗せすることで、年収500万を達成することは不可能ではないでしょう。

いきなり会社を辞めて、ビジネス初めてお金が稼げるほど甘くはないので、ビジネスの才覚がある人は副業にチャレンジしてみるのは悪くないとは思います。

ただ「本業がおろそかになる可能性が高い」という理由で、副業を禁止している会社が大半だという現実と、副業もビジネスなので簡単にお金を稼ぐことは難しいという現実から、万人におすすめできる年収アップ方法ではありません。

本業に身が入らなくなることから、会社での評判を著しく下げてしまうことになっては本末転倒なので、この方法も年収アップに最適な方法とは思わない方が良いです。

転職で年収アップするのが最も確実

結局、転職で年収アップするのが最も確実です。

転職市場ではキャリアをフェアに評価してくれるため、金銭面で会社から真っ当に評価されておらず、実力とは見合わない低賃金で飼い殺されていると思い当たる節があるのであれば、転職することで年収を大幅アップさせる可能性が一番現実的に高いと考えられます。

転職活動で「転職エージェント」を使うことで、担当のキャリアアドバイザーが、年収アップについての相談に親身に乗ってくれるため、転職を検討する際には早めに登録しておくと良いです。

※関連記事:年収を350万から500万に上げるために活用すべき転職エージェントを厳選紹介

サブコンテンツ

このページの先頭へ