ブランクあると転職にどの程度不利なの?【空白期間は3か月以内?半年以上?】 | 転職エージェントの選び方
ブランクあると転職にどの程度不利なの?【空白期間は3か月以内?半年以上?】

ブランクあると転職にどの程度不利なの?【空白期間は3か月以内?半年以上?】

ブランクあると転職にどの程度不利なの?【空白期間は3か月以内?半年以上?】

「前の会社辞めてから次の会社決まるまでにブランクがあると転職に不利になる」

って聞いたことがある方も多いと思います。

ブランク(空白期間)というのは、つまり働いていない無職の期間ということですね。

よくあるケースとしては、

  1. 仕事が忙しすぎて働きながらの転職活動が難しいと感じる
  2. やむなく転職活動する前に前職を退職
  3. 辞めた直後に転職活動を始める
  4. 思ってた以上になかなか希望の企業から内定を貰えない

このパターンが多いように感じます。

仕事が忙しすぎるから、いったん会社辞めた後で転職活動はじめるってパターンです。

確かにブランクなく次の職場で働くのが理想だが、、

確かに「転職先が見つかってから会社辞めるべき」というのが理想ですし、ごもっともな意見だと思います。

親とか年配の人に転職の相談をすると、たいていこのようにくぎを刺されますね、、

無職期間があるということは、その期間は収入が途絶えるということですから、親心で心配してくれるのはありがたい話ではあります。

ただ今自分がおかれている環境は、自分にしかわかりません。

働きながら転職活動できない労働環境なのだから、仕方がないですよね。

他社に転職したいと思うような会社は、得てして社員に長時間労働を強いる会社が多いです。

毎日終電近くまで働かされて、有給休暇も取得しにくい環境で働いているサラリーマンに「在職中に転職活動すべき」というのは、酷な話です。

なので、理想は理想として置いておき、現実問題、仕事辞めないと転職活動できないぐらい忙しいのであれば、先に会社辞めてしまうのも致し方ないと思います。

私自身、同じような理由で、先に会社辞めてから転職活動したこともあります。

ブランク期間は短ければ短いほど良い

職についていない空白期間がデメリットであることはその通りなのですが、「どのぐらいの期間であればセーフなのか?」という「長さ」について気になるって人も多いみたいです。

  • 空白期間は3か月以内だったら大した影響はないのか
  • 半年以上ブランクが開くと転職への影響が大きいのか
  • 2年ぐらい空白期間があると転職は絶望的なのか

などなど。

結論から言うと、「無職期間のリミット」というのはなくて、ブランク期間は短ければ短いほど良いということになります。

当然ながら求人出してる会社の事情もそれぞれに違うので、「即戦力人材であれば、ブランクとかどうでもいいので、今すぐ欲しい」って企業なんていくらでも存在します。

エンジニア転職が最たる例ですが、経験が十分あれば、ブランクが多少あろうと仕事の遂行に大きな影響はないため、ブランクを気にする暇があれば、今すぐ転職活動に精を出すのが最良の判断になるかと思います。

※関連記事:転職活動を成功させるために活用すべき転職エージェント【ベスト3】

ブランク期間があるときに気を付けることは次の3つ

さてブランク期間がある前提で話をすすめますが、ブランク期間があると必ずと言っていいほど面接官に

「前職を辞められてからブランクがあるようですが、その理由を教えていただけますか?」

このように質問されることになります。

ブランクについて聞かれたときのポイントですが、

  • すぐばれるので、嘘はつかない
  • ブランクがある正当な理由があるならばきちんと伝える
  • やる気をアピールする

ことが大事になってきます。

自分に不利になることを胡麻化したい気持ちはわかりますが、嘘はバレますし、包み隠さず正直に話した方が精神的にも楽です。

ブランクは転職活動にとってマイナスポイントとはなりますが、それを最小限に食い止めることは可能だということです。

過ぎ去った時間を悔いても仕方がないので、一日も早く動き出し、自分を必要としてくれる会社に出会うまで根気よく転職活動を続けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ