会社で必要とされる協調性とは? | 転職エージェントの選び方
会社で必要とされる協調性とは?

会社で必要とされる協調性とは?

会社で必要とされる協調性とは?

会社で必要とされる協調性とは?巷で売っている転職必勝本などを見ると、よく協調性のある人材が企業から求められていると書かれています。

協調性とは、同じ目標に向かって突き進んでいくために、様々な個性を持ち合わせている人間同士がお互いに協力し合ったり、助け合ったりしする性質のことを言います。

ただし一方で、協調性だけが取り柄の人は、仕事で使い物にならないという声が多いのも事実です。

真逆のことを言われてしまうと、なにが真実なのか迷ってしまいますよね、、

いつか転職するときに、自分自身に協調性があることは、プラスに働くのでしょうか、それともマイナスに働くのでしょうか。

そこで今回は

  1. 会社で求められる協調性とは何か
  2. どうしたら会社から必要とされる協調性を身に着けることができるのか

について書いてみることにします。

会社の言いなりになることが協調性ではない

まず結論から言うと、協調性がある人材への会社からの評価はとても高いです。

例えば、転職面接の際に、過去に携わったプロジェクトを成功させるために自分がどのような貢献をしてきたかをたくさんアピールすればするほど、あなたの評価は間違いなく高まります。

協調性がある人間というのは、組織のことを考えて動ける人間であることなんですよね。

ただし、会社組織の言いなりになる人材のことを協調性が高い人間とは言いません。

それだと、単に「優柔不断で仕事ができない人材」なだけです。

もちろん、優柔不断で仕事ができない人材なんて、企業が欲しがるはずはありませんから、正しい意味での協調性について理解する必要があるでしょう。

どうすれば自分が会社の戦力になるのかを考え、自分の武器で最大限組織に貢献できる人が協調性のある人というわけです。

仕事を通じて会社に貢献できる人が協調性のある人材

結局のところ、仕事を通じて会社に貢献できる人が協調性のある人材ということになります。

協調性をはき違えている人は、会社の言いなりになれば、会社からの評価が高くなると勘違いしがちです。

例えば、

  • 権力のある上司の言いなりなる人
  • 行きたくもないのに会社の飲み会に毎回出席する人

このような人を協調性がある社員とは言いません。

そんなの、ただの会社の犬(社畜)です。

かえって、「NOが言えない人間」というレッテルを貼られてしまい、自分の評価を落としてしまう可能性が高いので、気を付けてくださいね。

本物の協調性を身に着け、いざというときに転職エージェントを使って、今よりもっとよい待遇の会社に転職できるように、日々協調性としてアピールできる実績を積み上げましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ