働く母親の割合は約7割! | 転職エージェントの選び方
働く母親の割合は約7割!

働く母親の割合は約7割!

働く母親の割合は約7割!

働く母親の割合は約7割!厚生労働省の調査によると、2015年度の18歳未満のお子さんを持つ母親の68%が仕事をしているという調査結果が出たそうです。

この調査は国民生活基礎調査といって、厚生労働省が国民生活の基礎的な事項(国民の健康や医療や福祉、年金・保険や所得など)に関して実施している調査になります。

68%ということは、実に7割近くの母親が何らかの仕事に従事しているということで、働く女性の就労サポートに力を入れてきた政府の方針や、近年の共働き世帯の増加がこの数字に大きく影響しているものと思われます。

もちろん、この7割全員が正社員として働いているわけではありません。

子供が9歳以降の場合を見てみると、およそ5割の母親が正社員ではなく非正規社員(契約社員や派遣社員やパート社員)として働いているのが現状となっています。

このように母親として仕事探しをする場合、どのように職場を選んでいくのが重要になってくるのでしょうか。

自分のライフスタイルに合った働き方を選択するのがベスト

「働く母親」と一口に言っても、家族構成や家庭環境がそれぞれに異なるため、当然理想とする働き方、職種などはそれぞれ異なってきます。

子供がある程度大きくなって時間に余裕が出てきたので、フルタイムの正社員で働きたいと思う女性もいれば、家事などで忙しい時間の合間を利用しながら働きたいから、パートタイムで働きたいという女性もたくさんいるでしょう。

自分と同じように子育てしながら働いているママが多い職場で働きたいと考えている女性も多いでしょう。

そんな女性の立場を理解し、寄り添って転職活動をサポートしてくれる、女性転職に強い転職エージェントの存在は、「再就職を考えている母親」「転職を考えている女性」にとってとても大きな存在になっています。

この手の転職エージェントの特徴としては、女性利用者の転職実績が多く、また同性である女性の女性キャリアエージェントが多いという特徴があります。

やはり、母親として自分のライフスタイルに合った働き方を選択するのがベストだと感じています。

ハローワークは思ったような求人がほとんどないし、転職サイトだとどの求人が自分の希望する働き方にマッチするのかよくわからないと感じている女性は、まず転職エージェントを活用してみることをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ