圧迫面接気味の方が採用される可能性は高い | 転職エージェントの選び方
圧迫面接気味の方が採用される可能性は高い

圧迫面接気味の方が採用される可能性は高い

圧迫面接気味の方が採用される可能性は高い

圧迫面接気味の方が採用される可能性は高い転職活動で採用面接を何社か受けていると、必ずと言っていいほど圧迫面接を受けることがあります。

圧迫面接とは、採用面接時に、求職者の本音を探るため、また対応能力を試すために、意図的に横柄な態度をとったり、不快な質問をしたりする面接のことです。

圧迫面接を受けたと感じた人の多くは、執拗な面接官とのやり取りに精神的にどっと疲れるため「あー、この会社はダメかもな」と悲観的にとらえてしまいます。

ただし、この圧迫面接については、面接が圧迫気味だったという人ほど、結果的に採用(内定)が決まっている人が多い傾向があるのも事実ですので、面接中は疲れると思いますが、悲観する必要は全くないということだけは覚えておいてください。

興味がない人に突っ込んだ質問はしない

なぜ、圧迫面接気味の求職者の方が、最終的にその企業から採用される可能性は高いのでしょうか。

また、面接官の質問や態度がソフトだったと感じた人ほど、結果的に不採用のケースが少なくないのでしょうか。

これは、一言で言うと、面接官がその求職者について興味があるから、圧迫面接気味の厳しい質問をぶつけてくるということです。

時間ももったいないし、ふつう興味のない人に対して、根掘り葉掘り質問なんてしないですよね。

様々な厳しい質問をぶつけて、どのような人なのか見極めようとしているとうことは、それだけその求職者に対して興味を持っているということ。

限られた短い採用面接時間の中で、求職者の言葉が真実なのか、それとも表面的なものなのかは、面接官があらゆる角度か厳しめの質問をしないことには、わかりませんからね。

面接中にストレスを感じても最後まで全力で対応すること

なので、面接官の態度や質問が、圧迫面接気味だからと言って、「あぁ、自分は意地悪をされるぐらい嫌われているんだ、もうだめだ」なんて面接の最中に諦めないことが大事になってきます。

面接途中で諦めたら、採用されるものも採用されなくなってしまいます。

面接中にストレスを感じて、どんなにボロボロになろうと、最後まで全力で面接官の質問に対応することが、内定をもらうためには大事になります。

明らかに嫌がらせである場合は面接の途中で席を立ってもいい

ただし、圧迫面接が行われるもう一つの側面として、クレームや要望にきちんと対処できるかどうかを見るため行われることが多いのも事実です。

確かに営業職などは、その適性を見決めるために、精神的に打たれ強いかどうかを事前に知ることも重要ですから、そうしたチェックが面接の最中に行われることも頭ごなしに非難することはできないとは思います。

ですが、「仕事上の適正を見極めること」と「ただ自尊心を踏みにじる質問を繰り返して求職者を精神的に追い込んでしまうこと」とは全く別の話で、後者は絶対に許されるべきものではありません。

面接官も、熟練されたレベルの高い人だけではなく、人間的にも未熟な面接官も少なからずいますからね。

例えば、「こんな程度の職歴で、どうして御社に応募しようと思ったのですか?」なんて平気で聞いてきて、自尊心を踏みにじってくる面接官だって実際にはいます。

その場合は、その面接官に自分が受けた精神的なダメージを与え返すためにも、面接の途中で席を立って帰ってもいいと個人的には思います。

たとえ、その場で我慢できて採用通知をもらったとしても、そんなレベルの低い面接官に、大事な採用面接を任せている企業なんて、大した会社ではないでしょう。

面接での対応は転職エージェントの担当CAに聞くのがベスト

圧迫面接に限らず、採用面接での対応には不安が伴うものです。

一番おすすめなのが、活用している転職エージェントの担当CA(キャリアアドバイザー)にアドバイスを求めることです。

関連記事:転職活動で活用すべきおすすめ転職エージェント【厳選】

エージェントのキャリアアドバイザーは、求人企業のことも、求職者のことも、そしてあらゆる業界に精通している、転職に関するプロ中のプロなので、私たちが感じる不安や疑問に的確なアドバイスをすることができます。

転職活動では、「ハローワーク(職安)」や「転職サイト」を漫然と活用するのではなく、転職エージェントの活用を強くおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ