大企業と中小企業とベンチャー企業、就職するならどっち?違いは?

大企業と中小企業とベンチャー企業、就職するならどっち?違いは?

大企業と中小企業とベンチャー企業、就職するならどっち?違いは?

就活生の誰もが就活中に多くの悩みに直面するものです。
その中の一つに、

  • 大企業に就職した方がいいのか
  • 中小企業、ベンチャー企業に就職した方がいいのか

という「就職先にどのぐらいの規模の会社を選ぶべきか」という悩みが必ず出てくると思います。

就職先として大手企業と中小ベンチャー企業のどちらを選ぶのか。
そのどちらを選ぶかで、今後の人生は少なからず変わってくる可能性があります。

そこで、就活中の方に向けて「大企業と中小企業とベンチャー企業」の選び方について、当サイトなりに感じていることを書いてみたいと思います。

結論から言うと、最初に就職する企業としては大手企業を第一志望にするのが無難だということです。
逆に言うと、ベンチャー企業はそれこそピンキリなので、初めての会社に選ぶにはそれなりのリスクを伴うということを覚えておきましょう。

そして、初めての就職活動で入る会社を間違ってしまったと悟った場合、長く悩まず、第二新卒転職が可能な年齢のうち(取り返しがつかなくなる前に)に一日も早く再出発するのが良いでしょう。

「やりたい仕事ができるか」で選ぶべきだが・・・

就職したい会社を決めるにあたって第一に考えることは、「その会社で自分がやりたい仕事をやりがいをもってやれるのかどうか」であることは間違いないでしょう。

ただし、「やりたい仕事ができる」という前提なのであれば、あとは「できるだけ大企業を選んだ方がいい」と転職マニアは実感しています。

仕事の充実感が同じなのであれば、迷わず
最初に就職する会社は、大企業を狙いましょう!
ということです。

なぜかというと、

  • 大企業から中小企業へは転職できるが逆は難しい
  • 「会社に残るか」「どこに転職するか」など多くの選択肢を持つことができる
  • 大企業の方が教育制度、福利厚生制度が整っている

というのが大きな理由です。

どんな会社であれ、数年もいればその間いろいろな悩みや壁にぶつかります。
最初に入社した会社であればなおさらのことです。

そんな時、大企業にいた方が多くの選択肢を持つことができるということです。

またブラック企業の数も大企業よりも中小企業の方が多いので、他の条件が同じなのであれば、大企業を選んだ方がハズレを引くリスクが低く無難です。

ただ大企業の方が競争率は高いため、望んでも入社できない場合ももちろんあります。
その時に中小企業を検討しても遅くはないと思います。

「自称ベンチャー企業」に気を付けろ!

2000年前後に、日本中で巻き起こったITベンチャーブームを覚えている人も多いでしょう。

株式のスピード公開を目指して、IT特にネット系のベンチャー企業が、次から次に立ち上がりました。
なぜそうした企業が次々に株式上場を目指したかというと、株式上場することで自社株を大量に持っているオーナー社長は巨額の資産を手に入れることができるからです。

2000年ごろはIT企業上場がブームだったので、大金持ちになりたい人がこぞってITベンチャー企業を起業したというわけです。

ただ忘れてはいけないのが、ITベンチャーブームから10年以上たった今、その時上場した企業のほとんどが今は倒産、または吸収合併され、残っていないという事実です。

オーナー社長はうまく上場できさえすれば、大金持ちになって目的を果たせますが、夢をもって入社した社員は、会社がすぐに倒産してしまうことで、路頭に迷ってしまうことになります。

気を付けなければならないことは、こうした上場ブームにも乗れず、長年の間「うちの会社は近々いつか上場するぞ!」と掛け声を挙げている「自称ベンチャー企業」です。

ベンチャー企業とは、新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業のことを指すはずです。
それなのに、特に今のIT、WEB系ベンチャー企業は、大した技術もないのに、少人数でIT・ネット系企業というだけで、ITベンチャーを名乗っている零細企業がほとんどです。

こうした会社に新卒の就職活動で入社してしまうことは、辞めておいた方が良いです。

こうした会社は、社員の定着率が悪い傾向があります。
そのため、表向きは別としても割と緩めの採用基準を持っているケースが多いです。

つまりこうした会社に転職するのは、中高年になって他に転職先が見つからなくなってからでも遅くはないということです。

  • 自称ITベンチャー企業に気をつけろ!
  • とくに新卒カード使ってこんな会社に入っちゃもったいない!

ってことを、声を大にして就活生のみなさんに向けて言いたいと思います。

こうした会社の特徴としては、

  • 社長が外面(外ヅラ)だけは良い
  • 不安なのか社長が口だけでとにかく大きいことを言いがち
  • 社員を搾りかすになるまで、こき使う

という特徴があります。

転職でこんな会社に入ってしまったのであれば、すぐに転職すればノーダメージですが、新卒で入る会社ではありません。

ですが、もしこんな自称ベンチャー企業のようなダメ会社に新卒で入ってしまったのであれば、第二新卒枠での転職が可能なうちに、1日でもはやく再スタートをきるべきだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ