平日仕事が休みのメリットとデメリット | 転職エージェントの選び方
平日仕事が休みのメリットとデメリット

平日仕事が休みのメリットとデメリット

平日仕事が休みのメリットとデメリット

平日仕事が休みのメリットとデメリット世の中の大半の会社が、土日休みの週休二日制を採用していることもあり、働いているサラリーマンのほとんどが、平日は会社勤めで、土日が休みって人が多いと思います。

ただ、中には平日が休みだという企業や、そのような働き方をしている人が増えてきているのも現実としてあります。

選択肢を増やす意味でも、いろんな働き方を知ることはプラスに働くと思うので、平日仕事が休みであることの「メリット」と「デメリット」を考えられるだけ書いてみたいと思います。

平日仕事が休みであることのメリット

平日休みであることには、多くのメリットがあります。

平日は人が少ないので、人込みを気にせず休みを満喫することができます。

例えば、ディズニーランドに行くにしても、平日に遊びに行くのと、土日に遊びに行くのとでは、アトラクションに並ぶ時間も圧倒的に違いますし、人気のレストランも割と簡単に予約できてしまったりもします。

また、平日は飛行機代やホテル代も休日と比べて安くなる傾向があるため、移動や宿泊に要する出費を抑えることができます。

割と安い値段で、家族旅行に行けたり、遠方の実家に帰れたりするメリットがあります。

平日仕事が休みであることのデメリット

平日仕事が休みであることのデメリットですが、これは2つあると思っています。

一つには、同年代の友達とスケジュールが合わないため遊べないということ。

自分が休みの平日は、周りのみんなは働いていますからね。

せっかくの休日を一人で過ごす日が必然的に多くなってしまいます。

そして、平日に仕事が休みであることの、もう一つのデメリットですが、、、

それは、周りに「あの人、何の仕事してる人なんだろう・・・?」と不審に思われる可能性があるってことですね。

「平日の昼間に私服で街をふらついていると、周りの人に『フリーターか無職の失業者』だと思われてしまわないだろうか?」

「平日の昼間からスポーツジムに通ってる男って、仕事何してるんだろう?って思われるのかな、、」

こういうことで、せっかくの休日なのに、平日に外に出るのを躊躇する人も少なからずいるようです。

どこで誰が見ているかわからないし、誰がどう思うかもわからないため、良い気持ちがしない人がいるのも理解はできます。

ですが、時代の流れとともに働き方は多様化しているため、そういう固定観念で見る方が「偏見を持った人」であることは間違いないので、周りにどう思われているかについては、気にしなくていいと思います。

実際に私もエンジニアなので、フレックスタイムでごご出社とか、平日休みのことも多いですが、全く他人の目は気にしないことにしています。

仕事が平日に休みである代表的な職業

医師で平日が休みの人もいますし、他にもテレビ局に勤めている人(アナウンサー・記者・プロデューサー・ディレクター・カメラマンなど)や百貨店に勤めている人、警察官、消防士、工場や建設現場で勤務、なども平日に休みの人はいます。

フリーター、無職(失業中・ニート・プータロー)、コンビニなどの夜勤も多いでしょう。

大事なことは、平日仕事が休みのメリットとデメリットを理解した上で、自分はどのような働き方をしたいのかを考えたうえで、仕事選びの基準の一つにすることなのだと考えています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ