給料少ない時に絶対にすべきでないこと | 転職エージェントの選び方
給料少ない時に絶対にすべきでないこと

給料少ない時に絶対にすべきでないこと

給料少ない時に絶対にすべきでないこと

給料少ない時に絶対にすべきでないこと給料が少ないと自分の将来のことが不安になってしまいますよね。

でも今現在の給料が少ないこと自体は、それほど気にする必要はないです。

しっかりと経験・キャリアを積み、他社でも通じる即戦力に育つことが出来れば、転職を期に大幅に給料アップすることも可能だからです。

今回は、給料が少ない時に「すべきこと」と「絶対にすべきでないこと」について、私の経験を通して大事だと思うことを書いてみたいと思います。

1.将来の年収アップがどの程度可能なのかを考える

まずは、給料が少ない時に「すべきこと」についてですが、最初にすべきこととして、今の仕事を頑張ることで将来の年収アップがどの程度可能なのかを考えることが大事です。

立ち位置が間違っていないかをチェックするということです。

今は年収300万だとしても、順調にキャリアをのばすことで、1年後には年収450万円の市場価値を持つことができるのであれば、今の給料が少なくても全く心配するに及びません。

ですが、今の仕事を10年やろうが、それほど年収アップする余地がないような仕事であれば、キャリアチェンジも含め真剣に考えないと、将来の生活が困窮する可能性が極めて高いです。

ちなみに、今いる会社の将来性とかはどうでもよく、実力をつけさえすれば他社から高待遇を受けることができる仕事かどうかが重要です。

いまの会社の将来性なんて、転職すればどうでもよくなりますからね。

そのため、今の仕事を頑張れば将来年収アップする可能性があるのかどうかをまずは見極めることからはじめてみて下さい。

2.求人は頻繁にチェックしてチャンスを逃さない

それから、給料が低い時ほど、自分と同じ業種や職種の求人はマメにチェックしておくことをおすすめします。

転職に成功するかどうかは、もちろん相応の実力があってこそですが、それプラス運的な要素もかなり大きいです。

そして、給料など待遇面が魅力的で、今の自分でも応募可能な求人があれば、すぐにチャレンジできるようにフットワークを軽くしておくことが大事になってきます。

転職エージェントに登録しておくと、担当でついてくれるキャリアアドバイザーが、現在の自分のキャリアにピッタリの求人を紹介してくれるため、そろそろ転職しようかなと考えている人は下記の転職エージェントに登録しておくと良いです。

※関連記事:優良企業に正社員転職するために活用すべき転職エージェント【おすすめ順】

言うまでもなく、私たちは会社のために働いているわけではなく、自分が幸せになるために働くべきです。

確かにお金が全てではありませんが、お金が自分や家族幸せにしてくれる大きな要素になっていることは否定できません。

つまり生涯獲得賃金を上げるために、私たちは、自分を高く買ってくれる会社が他にあるのであれば、迷うことなく転職活動するというのが合理的な選択になってくるということです。

3.少額でも借金は絶対にしてはだめ!

最後になりましたが、給料が安い時に、絶対にしてはいけないことについてです。

それは、借金ですね。

例え少額であったとしても、借金だけは絶対にしてはダメです!

私が身をもって体験していますので、同じ思いをする人が出ないように、その時味わった地獄について書いておきたいと思います。

私は、年棒が約300万円ぐらいの会社にいたとき、月々の生活が苦しかったので、キャッシングに手を染めたことがありました。

IT業界で働いていたので、資格試験の受験費用だとか、書籍代、サーバー代など、自分のキャリアアップのための出費だからいつか取り返せると思ったんですね。

なので、私は某大手消費者金融で、最初3万円ほどお金を借りたことがありました。

でも少額だからと言って借金を舐めては絶対にいけません。

当時は消費者金融の利息の上限が法律で29.2%と、今の上限よりも10%程度高く、びっくりするようなスピードで利息が増えていきました。

その結果、最初は次の給料で元本を完済していたのですが、そのうち元本を払いきれず、利息部分のみを返済するようになり、しまいには、給料で利息分を払いきれず、新たな消費者金融で借り入れをするという、自転車操業をしてしまうことになってしまいました。

最終的には最大で200万円もの借金を負ってしまうことになり、完済するまで5年もの月日を要することになりました。

結果的に、転職することで年収が150万ほどアップしたので、その時の借金は数年で完済できたのですが、あの時転職できてなければと思うと、ゾッとする自分がいます。

そのため、たとえ自らのキャリアアップのための自己投資といえど、年収が低い時は極力出費を抑え、借金は絶対にしないように気を付けるようにしてください。

職業選択さえ間違っていなければ、資格試験など持ってなくても、実力次第で今よりも給料の良い企業に転職は出来ますし、仕事で必要な書籍などは、お金がなかったら先輩などに譲り受けると良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ