肥満は社会人にとって致命的! | 転職エージェントの選び方
肥満は社会人にとって致命的!

肥満は社会人にとって致命的!

肥満は社会人にとって致命的!

肥満は社会人にとって致命的!人は見た目が大事なのか?ちょっと前に「人は見た目が9割」という本がベストセラーになりましたが、このことは社会人であれば特に意識しておいた方がいいと思います。

最初に誤解がないように言っておきますが、「美人」や「イケメン」に近づくべきだと言っているのではありません。

確かに、マスコミ系、メディア系の会社を中心に、顔採用している会社も存在しますが、そのような会社に入ることが大事なことだとも思いません。

重要なことは、社会人であれば「自分の見た目に責任を持つべき」ということです。

自分の見た目に責任を持つとはどういうことを言うのでしょうか。

太っている社会人はだらしないと判断される

まず、太っている人は間違いなく社会人として損をします。

同僚や上司、あるいは取引先の会社の人から見て、あの人は自己管理すらできない人なんだという印象を持たれる可能性が高いからです。

つまり、ぶっちゃけていうと、デブというだけで「出世」に関しても「転職」に関しても、最初から大きなハンデを追うことになるということです。

確かに、太った人が絶対に出世しないとは言いませんが、見た目で損している分、痩せている人以上の実績をアピールしないと厳しいでしょう。

中には病気が原因で太っている方もいらっしゃると思いますが、そういった場合は自己管理ができていないわけではないので、気にしなくてもいいでしょう。

ですが、自分の生活習慣が原因で太っているのにもかかわらず、全く生活習慣を改善しないどころか、相変わらず食べる量が多かったり、間食でお菓子をバリバリ食べていることと周りから判断されてしまえば、「自分に甘い奴」というレッテルを確実にはられるでしょう。

見た目が暑苦しくて見苦しいと思われるというより、標準的な体系を維持する努力すらできない人なんだと思われる可能性が高いということです。

私も太りやすい体質ですが、自戒を込めて言うと、甘ったれた人なんだなと思われないためにも、スマートな体系を維持するための努力は厭わない気持ちが大事だと思います。

もちろん、モデルみたいにガリガリに痩せる必要はありません。

スマートな体系を維持するために、自己節制をすることが大事だということです。

これが社会人ではなく、学生とかであれば、ただ単に異性にモテないというだけにとどまりそうですが、社会人だとさらに厳しくチェックされるということになります。

「デブは損をする」ということを、私も含めサラリーマンの方は頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

着こなし、ファッションなど身だしなみの面で体形をカバーできるのであれば、多少お金はかかったとしても、せめてそうした面の努力を惜しむべきではないと思います。

今すぐできる痩せやすい体質を作る習慣とは?

ただし、絶食などしても、そこまで意思が強い人はなかなかいないと思います。

しかも、何も食べないと仕事のパフォーマンスに影響する可能性もありますよね。

そこで、今すぐできる痩せやすい体質の作り方について、いくつか書いてみたいと思います。

  1. 糖質の摂取をひかえる
    甘い物やお菓子を食べる量を減らすのはもちろんですが、糖分を多く含んだ「白米」や「パン」や「麺類」など炭水化物の摂取を減らすなど食習慣を改善することが大事になってきます。詳細については食生活に関して書かれてた本を参照してください。
  2. 運動不足を解消する
    適度な運動はダイエット効果が期待できます。スポーツジムに行かなくても、ウォーキングなど有酸素運動することで燃えやすく代謝の良い身体づくりを目指しましょう。
  3. コーヒーを飲む
    最近はコーヒーが太りにくい体質を作るのに効果的だという研究データもあるそうです。コーヒーに限らず、太りにくい体質になるために必要な食材を積極的に摂取するようにしましょう。

このように、簡単に出来ることからで構わないので、身体をシェイプアップできる方法があれば、積極的に取り入れることが大事になってきます。

自分の見た目に責任を持つことが、社会人にとってとても重要だということを忘れないようにしたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ