自分の実力以上の会社に転職して仕事についていけない場合 | 転職エージェントの選び方
自分の実力以上の会社に転職して仕事についていけない場合

自分の実力以上の会社に転職して仕事についていけない場合

自分の実力以上の会社に転職して仕事についていけない場合

自分の実力以上の会社に転職してしまって仕事についていけない場合新卒入社の場合、誰もが未経験なので横一線でのスタートですよね。

もちろん、物覚えの早い遅いもありますし、得手不得手もありますので、入社後少しずつ実力差がつくことになりますが、それは努力とやる気次第でキャッチアップは十分に可能な範囲です。

問題は、自分の実力以上の会社に「転職」してしまった場合です。

転職だと「経験者採用」という扱いなので、「何もかもが初めてです!」と堂々と言える新卒とはワケが違います。

つまり、会社からの期待値を下回ると、当然周りからの風当たりがきつくなることが想定されます。

このように、自分の実力以上の会社に転職してしまった結果、仕事についていけなくて悩んでいるという方は結構多いと思われるので、今回はそのような立場に追い込まれたときにどうしたら良いかの対処法について書いてみたいと思います。

「背伸び転職」が原因の場合が多い

誰だって、待遇の良い会社に入りたいですよね。

「今よりも、もっと多く給料をもらいたい」

「福利厚生が充実していて、残業代も退職金もちゃんと支給される優良企業で働きたい」

そんな企業に転職する機会があった時、自分を大きく見せるために今の自分のキャリアを水増ししてアピールする人も少なからずいると思います。

ハクを付けるために多少自分を大きく見せるのはまだいいですが、中には、経験すらしてないのに、本で読みかじっただけの内容をさも自分の経験のごとく面接でアピールする強者もいるのだとか。

その結果、お目当ての会社に転職できたとしても、当然会社の期待するスペックと、自分の実力とに大きな乖離が見られるため、「こいつ使えないな、、」という感想を当然のごとく持たれてしまうことになります。

これがいわゆる「背伸び転職」によるメリットとデメリットですね。

メリットは、曲がりなりにも良い企業に滑り込めたのでその期間は期待通りの福利厚生を受けることが出来る点。

そしてデメリットは、採用時に会社側が抱いていた「期待値」を大きく裏切ることになるので、その反動にさらされるリスクが高くなるという点になります。

メンタルが持つのであれば期待値の差分を全力で埋める

会社でのパワハラやセクハラは絶対に許されません。

ですが、職場での仕事についていけない以上、周りも仕事を振りづらい(任せるのに躊躇する)ため、一定の居づらさ、疎外感、孤独感は感じることになると思います。

要は会社(その職場で働く従業員)が求める即戦力と自分の戦力との間にギャップがあり、その部分に肉体的精神的に苦しめられるということになるので、それをいかに埋めるかがポイントになります。

なので、鈍感力が高く精神的に図太いと自覚があるとまでは言いませんが、メンタルがそこそこ強い人は、転職先での居心地の悪さに耐えながら、一日も早く職場の即戦力になるために、死に物狂いで全力でキャッチアップに励めばよいと思います。

正社員であれば、法律によってかなり強いレベルで身分を守られているので、リストラの要件に合致されない限り、そう簡単にはクビにはなりません。

恥ずかしいなんて言ってる暇はないので、わからないのであれば、初歩的なことでもガンガン質問するしかありません。

周りから「使えない社員」だとレッテルを貼られることはつらいことですし、恥ずかしくみじめだと感じることもあると思いますが、周りの社員に短期間で追いつくことで、挽回することも不可能ではないということです。

精神的にきつい場合は無理して働く必要はない

ただ性格がどちらかと言えば繊細で、周りの目が気になる人は、あまり無理をしない方が良いです。

入社後、周りのレベルが高すぎてとてもついていけないという状態は、かなり大きなダメージと敗北感をメンタルに与えます。

許容量をはるかに超えたプレッシャーなどにより、一度メンタルを崩すと、復調するのにかなり苦労します。

睡眠障害や摂食障害(拒食症、過食症)、また蕁麻疹などで体にも影響が出る人もいると思います。

仕事についていけず気を病むぐらいであれば、自分の身の丈に合った、無理せず楽しく働ける職場に転職しなおすというのも、検討に値する選択肢の一つになると思います。

転職エージェントを使えば、担当のキャリアアドバイザーが、転職についての悩みや要望に対して親身に相談に乗ってくれるため、転職を検討するときに登録しておくと良いでしょう。

※参考記事:正社員転職で活用すべき転職エージェントの選び方

サブコンテンツ

このページの先頭へ