転職の際うつ病だと伝えるべき?病歴報告は義務? | 転職エージェントの選び方
転職の際うつ病だと伝えるべき?病歴報告は義務?

転職の際うつ病だと伝えるべき?病歴報告は義務?

転職の際うつ病だと伝えるべき?病歴報告は義務?

体調を崩したことで会社を退職する人は多くいます。

大抵の場合、その会社がブラック企業だったことが原因の場合が多く、「長時間労働」や「上司のパワハラ」によって、精神を病んでしまうパターンが多い気がします。

そのような場合、その会社をさっさと辞めることが病気を治すためには一番の近道であることは間違いないででしょう。

うつ病にしろ、躁鬱病にしろ、その病状がひと段落すれば、新たな職探しに気力もわいてくるというものです。

そこで疑問に思うのが、「転職活動するときに、うつ病や躁うつ病などの病状を、誰にどのレベルまで伝えるかどうか」ではないでしょうか。

病歴報告は義務なのでしょうか?

転職エージェントには病状を正直に伝えるべき

転職エージェントを使って転職活動する人が多いと思いますが、結論から言うと、病状が治まっていようが、あまり芳しくなかろうが、エージェント側にはありのまま全てを正直に伝えるべきでしょう。

転職活動中、転職エージェントは求職者の最もそばについて転職をサポートしてくれるパートナーのような存在です。

企業側にも求職者を紹介する責任を負っていますし、求職者の現状を把握してないことには、適切な求人を紹介することも難しいと思います。

また万が一、過去に鬱病であることが後で判明してしまった場合、転職エージェントにも、採用した企業側にも迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

既往歴とは、病歴、これまでにかかった病気のことですが、病院にかかってその病気の診察を受けたのであれば、ありのまま転職エージェント側に伝え、判断を待つのが良いでしょう。

個人的には、病院にかかっていない場合でも、現職(既に辞めてる場合は前職)がハードワークすぎて精神を疲弊気味の場合でも、「現職(全職)がかなり長時間労働を強いる会社だったので、精神的にかなりしんどかったです」と話しておくことで、エージェント側にも、「ハードワーク系の会社は除外しておこう」というメッセージを伝えることができます。

うつ病だと仕事の紹介が難しいと転職エージェントに登録できないケースも可能性としては考えられますが、それでも転職エージェントには基本的にありのままを伝えるスタンスが望ましいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ