転職先が見つからない時するべき3つの行動 | 転職エージェントの選び方
転職先が見つからない時するべき3つの行動

転職先が見つからない時するべき3つの行動

転職先が見つからない時するべき3つの行動

「転職活動してるけど、次の転職先がなかなか見つからない」というのはよくある話です。

  • 自分の理想とする転職先が見つからないのか
  • そもそも転職できそうな会社が見つからないのか

それぞれの求職者が抱えている諸事情は様々ですが、いずれにせよ一つ共通して言えることがあります。

それは、「今の自分にもっとも合った転職活動の方法を取ることが最も大事」だということです。

転職先が見つからない時こそ、今の自分がしてる転職活動に問題がないかを、今一度チェックすることはとても重要なことなので、「転職先が見つからない時するべき行動」として重要なポイントを3つご紹介したいと思います。

1.ハローワークでは思ったような転職先は見つかりません

まずもっとも大事になってくるのが、どのような転職サービスを活用しているのかが重要です。

転職サービスには、大きく分けると

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

このような媒体がありますが、それぞれに特徴やもっている役割があります。

ハローワークは、幅広い年齢層にあった求人が用意されていますが、20代、30代のバリバリのビジネスマンの希望を満たすような求人なんてほとんど取り扱っていません。

それは実際にハローワークに足を運んでみて、求人を調べてみたらわかってもらえると思います。

正社員転職どころか、時給の低い派遣、パート、アルバイトの募集が非常に多く、たまにそれなりに待遇の良い正社員求人を見つけても、調べてもらったら、空求人なケースがほとんどだったので、私は正社員転職が事実上不可能な年齢になるまでは、絶対にハローワークを使った転職活動はしないようにしています。

2.今よりも良い条件の転職先を見つけたいなら「転職エージェント」を使う

転職先として、「今よりも良い条件の職場」を探しているという人は、20代、30代のこれまで十分キャリアと職歴を積んできた働き盛りの人だと思います。

そのような人は、こちらの「おすすめ転職エージェントの選び方」で紹介しているような転職エージェントを転職サービスとして活用してください。

「管理職転職」や「役員転職」など40代のハイクラス・エグゼクティブ転職も同様です。

こうした、まさにビジネスマンとして脂がのった状態での転職の場合、求人面、サポート面で圧倒的な優位に立っている転職エージェントを活用しない理由はありません。

非公開求人はそれぞれのエージェントに登録しなければ閲覧することすらできませんが、それぞれの転職エージェントが公開求人をはるかに上回る量の非公開求人を持っていますので、転職エージェントに登録することで、転職先を見つけるのがもっとも理にかなっているといえるでしょう。

一方の転職サイトですが、担当CAが求人を紹介してくれる転職エージェントとは異なり、自分で転職サイト内に登録されている求人に応募するタイプの転職の進め方になります。

ハローワークと比べると求人の質も桁違いに良いのですが、自己責任で採用企業に応募することになるので、自分に合わない会社に応募したとしても、客観的にアドバイスをくれる第三者がいないため、転職に失敗する可能性も少なくないです。

そのため、まずは転職エージェントを活用し、年齢制限やキャリア不足などの理由で転職エージェントへの登録を断られた場合や、転職先がなかなか見つからなかった場合には、転職サイトを活用するのが良いでしょう。

ハローワークは、パート職を探している主婦や定年退職後のアルバイトを探している高齢者にはピッタリの求人サービスだとは思いますが、現役バリバリのビジネスマンにとっては、他の転職媒体で転職が決まらなかったときの最後の選択肢としてとっておくことになります。

3.転職先が見つからない理由が何かを知る

「転職活動の方法に問題はないが、転職先が見つからないんだよな」という人は、自分はなぜ転職先が見つからないのかを冷静に分析しましょう。

考えられることとしては、

  • 転職先企業を高望みしすぎている
  • 求人に応募するサイクルが遅い
  • ハズレな企業にばかり応募してしまうことで、思うような転職先が見つからない

このようなことが多いですが、自分のケースだと何が転職先が見つからない支障になっていて、何が問題なのかを分析することが大事になります。

転職面接で背伸びして(自分を大きく見せて)、自分の今のキャリアよりも高いレベルの会社に転職にできたとしても、後々苦労するのは目に見えていますから、等身大の自分に合った転職先を転職エージェントを活用することで見つけるのが、「転職先が見つからない」人にとっても、もっとも望ましいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ