38歳が正社員転職できる転職先とは | 転職エージェントの選び方
38歳が正社員転職できる転職先とは

38歳が正社員転職できる転職先とは

38歳が正社員転職できる転職先とは

38歳が正社員転職できる転職先とは38歳が正社員転職できる転職先とはどのような企業なのでしょう。

年齢が高くなれば高くなるほど、反比例的に求人数が少なくなるのは、30代以上のサラリーマンなら誰もが実感している現実だと思いますので、38歳だとどのレベルの転職先が見つかるのか不安に感じる人も多いでしょう。

実際に38歳という年齢で転職を思い立ったとき、正社員転職先としてどのような求人が期待できるのでしょうか。

1.38歳を転職する転機と捉える人は多い

38歳というと、30代後半に差し掛かり、40歳を少し意識し始める年齢だと思います。

平均的な(どこにでもいる)38歳サラリーマンのモデルとしては、

  • 年収は平均500万円程度
  • 貯蓄額は平均300万程度
  • これまでの転職回数は2回程度
  • 中間管理職で課長(課長代理)クラス
  • 結婚10年目、子持ちで住宅ローンを支払い中

こんな感じに近いのではないでしょうか。

これから増えてくるであろう「子育て費用」や、まだまだ残っている「住宅ローンの支払い」を考えると、今の500万という年収だと厳しいため、38歳ぐらいで転職して、年収アップを期待する男性、女性も多いのではないかと推測できます。

問題は、38歳で満足いく正社員転職先が見つかるかどうかになってきます。

2.38歳という年齢ではなく、どのレベルの即戦力社員かを判断される

その人が38歳で正社員転職に成功するかどうかは、実は傍から見ていたら結構わかるものです。

  1. 「もう38歳だけど転職できるかな?」
  2. 「どこに行っても今以上のパフォーマンスを発揮できる」

前者は、正社員転職に成功する可能性はそんなに高くないと思います。

後者は、正社員転職で年収アップにも成功する可能性は十分にあると思います。

結局のところ、採用企業が見てるところって、年齢はそんなに関係なく「即戦力」かどうかなんですよね。

「募集しているポストに適任かどうか」ただそれだけです。

適任であれば、たとえ47歳とかなりのシニア世代であっても、良い条件で正社員転職可能ということになります。

38歳が正社員転職するために活用すべきエージェント【3選】

  • マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    38歳とまさに脂の乗り切ったビジネスマンの正社員転職にもっともおすすめなのが、このマイナビエージェントです。
    求職者だけでなく、採用する企業側からも絶大な人気と信頼感を得ているのがマイナビエージェントの特徴ですが、その人気の秘訣は、何と言ってもキャリアコンサルタントの質の高さにあります。

    各業界の業務知識に精通した転職のプロによるサポートは、サポートの質のレベルも高く、対応もとても迅速に動いてもらえることに定評があるため、どの業界の転職にも強く、欠点がない総合力の極めて高い転職エージェントと感じています。
    38歳で他社に正社員転職を考えている人は、まずはこのマイナビエージェントを活用した転職活動を強くおすすめします。

  • アデコ

    アデコ

    38歳の正社員転職には、このアデコも非常におすすめできる転職エージェントになります。
    世界最大手の人材サービスの最大手であるアデコは、「外資系企業」と「IT系企業」と「営業職」への転職に特に強みを持っている転職エージェントです。
    アデコでは、一人のキャリアコンサルタントが少人数の求職者を担当するため、親身で手厚いサポートだと口コミの満足度も高い上に、企業担当と求職者の担当を同じコンサルタントが受け持っていることから、求職者のニーズに沿った転職サービスを提供していると評判も高いです。
    首都圏や関西圏だけでなく、北海道、九州など日本全国に多くの拠点を持っているため、地方在住者の転職活動にも強みを持っているのも、アデコの特徴ですので、38歳、つまり30代後半で正社員転職を考えている人は、このアデコと上記のマイナビエージェントの最低2つには必ず登録しておくことをおすすめします。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    38歳など、30代後半の転職者にリクルートエージェントをおすすめする最大の理由は、リクルートエージェントの保有する公開・非公開求人案件の圧倒的な数の多さにあります。

    時期によっても変動はあるかもしれませんが、リクルートエージェントは公開、非公開求人を合わせると、保有している求人数は15万件ほどになるため、他の転職エージェントを量だけでも圧倒していることになります。

    求人数が多いことは、それだけ自分が興味を持てる求人に出会える可能性が高まることを意味しているため、先ほどの「マイナビエージェント」と「アデコ」同様、この「リクルートエージェント」にもぜひ登録しておいて、併用しながらそれぞれのメリット享受できるよう、うまく使い分けてもらえたらと思います。

    リクルートエージェントは、全ての業界や業種の転職に強いですが、外資系企業への転職、幹部クラスなどのハイクラス転職、第二新卒の転職など、様々なジャンルの転職に強みを持っているため、まさに38歳など30代後半の正社員転職に向いています。

    先ほどのアデコもそうでしたが、日本全国に多くの拠点を持っているのも「リクルートエージェント」を活用するメリットの一つなので、地方在住者も安心して活用できる転職サービスになっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ