年収1000万円以上の求人へ転職なら

年収1000万円以上の求人へ転職なら

年収1000万円以上の求人へ転職なら

年収1000万円以上の求人へ転職したい!転職を考えている人の中には、「次の職場では最低でも年収1000万以上もらいたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。

現在の職場ですでに年収1000万近くもらっている人もいるでしょうし、今のところ年収500万程度だけど転職のタイミングで一気に倍増を狙っている人もいるでしょう。

実際、年収1000万円以上の求人なんて「あらゆる職種・業種」において数えきれないほどゴロゴロしているのが現状です。

そこで今回は、

  1. 年収1000万以上の求人にはどのような求人があるか
  2. どんな人が年収1000万以上の求人に応募しているのか
  3. 年収1000万以上の求人に応募するにはどの転職媒体を利用すべきか

についてまとめてみました。

即戦力であること。TOEICのスコアも重要。

年収1000万越えの求人は多数ありますが、その中でも多いのが「商社」や「外資系企業」や「投資銀行」や「マスメディア」といったところでしょうか。

当然、それぞれの業務に精通している即戦力人材であることが、年収1000万円以上の求人に採用される最低条件となります。

そして、年収数千万もらっている人たちの多くにはある共通した特徴があります。

それは英語が得意でTOEICのスコアが高いという事実です。

TOEICのスコアが高く、英語力をいかした仕事をしたいという人には、年齢やそれ以外のキャリアにもよりますが、この年収1000万円以上の転職先が現実味を帯びてきます。

そしてもっとも大事になってくるのが、どの転職媒体を使って転職活動をすすめるのかということ。

下記に紹介するような、年収高めの求人を多数取り扱っている転職エージェント、ヘッドハンティングサービスを活用必要があります。

年収1000万以上のハイクラス転職に強いリクルート

リクルートエージェントの詳細です。TOEICで600点以上スコアもあるし、実務で英語使ってきたからビジネス英語も自信がある。
だから少なくとも年収600万円、いや年収1000万円以上を次の転職先では期待したいなー、、
そんなあなたの要望を後押しし、夢実現のサポートをしてくれるのが、このリクルートエージェント。

リクルートエージェントは、誰もが名前を知っている、求人数、実績数業界NO.1の転職エージェントなので、すべての求人に満遍なく強いっていうイメージがありますが、実は年収1000万以上のハイクラス転職にめちゃめちゃ強い転職エージェントなのです。

想定している求職者の年齢は20代~40代と幅広いのもリクルートエージェントの特徴です。

「TOEICハイスコア」「外資系希望」「英語使った仕事がしたい」そして高い年収の職場に転職したいという人は、このリクルートエージェントへの登録は必須ですし、ここをメインの転職エージェントとして、転職活動をすすめていくのが良いと思います。TOEICは600点位は持っておきたいところです。

この転職エージェントに登録するには、こちらをクリックしてください。

Spring転職エージェントとマイナビエージェントも年収1000万円以上狙うならおすすめ

アデコの詳細です。Spring転職エージェント(旧アデコ)もハイクラス転職におすすめの転職エージェントです。
世界最大手の人材紹介会社ということもあり、そのグローバルなネットワークを生かした外資系転職、商社系転職、金融系転職、営業系転職などをはじめ、年収高めの求人を狙っている人におすすめできる転職エージェント
になります。
Spring転職エージェントは日本中に拠点が多く持っているのも、地方転職者にとってありがたい存在となっています。

この転職エージェントに登録するには、こちらをクリックしてください。


マイナビエージェントの詳細です。マイナビエージェントもハイクラス転職におすすめの転職エージェントです。
マイナビエージェントのキャリアコンサルタントの質の高さは定評があり、IT系の求人、外資系求人、営業系求人、ハイクラス求人などをはじめ、年収高めの求人を狙っている人におすすめできる転職エージェントになります。

ただし、マイナビエージェントの場合、想定している求職者の年齢層が「20代~30代」とリクルートエージェント等と比べても若年層が対象となっているのが特徴ではあります。

この転職エージェントに登録するには、こちらをクリックしてください。

既に年収550万以上ならビズリーチも絶対登録しておくべき

エグゼクティブ転職のビズリーチです。すでに今の職場で年収550万円以上をもらっていて、さらに年収1000万円以上など高い年収を求めて転職を考えている人は、エグゼクティブ向け会員転職サービスの「ビズリーチ」もおすすめです。

ビズリーチは、将来エグゼクティブ層を目指しているビジネスパーソン向けの会員制転職サイトで、会員制サイトに登録すると、職務経歴書を見た一流ヘッドハンターから直接スカウトがきます。
残念ながら、会員に高いサービスを提供するために、年収550万円以上のビジネスマンでなければビズリーチ利用することができませんが、現在年収550万円のビジネスマンが、さらに高年収を目指すために、外資系企業や商社など高年収企業への転職、あるいは上級管理職、経営幹部、役員、支配人、重役といったエグゼクティブポストへの転身を考えている場合などには、まさにうってつけの転職サービスとなっています。

この転職エージェントに登録するには、こちらをクリックしてください。

年収1000万円以上を狙うなら、リクルートを軸に複数エージェントに登録!

そうしたわけで、

  • 年収600万以下の企業には転職したくない。
  • 最低でも年収700万、800万、900万くれる会社に転職したい。
  • 年収1000万以上の転職先を狙いたい

という人は、先述した通り、「リクルートエージェント」「Spring転職エージェント」「マイナビエージェント」の3つのエージェントをメインに転職活動をすすめて行くのと良いと思います。

ただ、転職エージェントは複数登録して使い分けることが効果的ですので、総合型転職エージェントの中からリクルートエージェント以外にも登録して、転職活動を進めるのがおすすめになります。

また、もし現在すでに年収550万円を超えている人は、ビズリーチも併せて登録し、さらなる年収アップを目指して転職活動をすすめてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ