Uターン・Iターン転職が人気の理由 | 転職エージェントの選び方
Uターン・Iターン転職が人気の理由

Uターン・Iターン転職が人気の理由

Uターン・Iターン転職が人気の理由

大学進学のため、地元から上京し、就職時に地元に戻って就職することを「Uターン就職」と言います。

また、生まれてから大学卒業まで東京で過ごしていたけど、就職時に東京を離れ、他県で働くことを「Iターン就職」と言います。

その他、JターンやOターンなる言葉が使われることがありますが、大きな違いはそれほどなく、どちらも「Uターン」と「Iターン」のように就職のタイミングで別の地方に移り住むといった意味合いで用いられます。

ただ、このUターン、Iターンですが、就職ではなく転職時に「Uターン転職」「Iターン転職」するサラリーマンも多いんですよね。

Uターン・Iターン転職が人気の理由と、Uターン・Iターン転職する際の注意点についてまとめてみました。

都会で働くことに疲れたサラリーマンが多い

実際に、Uターン・Iターン転職を考えている人の本音を見てみると

  • 東京で働くことに疲れてしまったので、地方に転職したい
  • 地元に転職して自分の子供を自然がいっぱいの環境で育てたい
  • 実家の近くの会社に転職して両親の面倒をみたい

といったものが多くを占めます。

都会で働くことに疲れたので、癒しを求めて地方に転職したいと考える人が多いのだと考えられます。

ですが、それをそのままUターン転職で採用面接の際に言ってしまうのはNGです。

Uターン転職したい本音は隠しつつ、企業側が期待する志望動機を話すことが重要です。

どの企業も求職者に一番求めるのは「即戦力」

どの企業であっても、応募してきた求職者に求めるのは「即戦力」です。

新卒採用であれば、全員初心者であるため、戦力になるかどうか見極めることが難しく、どこの大学かを重視する会社も多いですが、転職者に求めるのは、入社してもらったらどのようなアウトプットが望めるのかが大きな要素になってきます。

そのため、IターンやUターン転職の時も、本音の部分である「地方に戻って働きたい」という部分のみを前面に押し出すのではなく、今までのサラリーマン経験を通して、どのような点で御社の即戦力になれるのかという部分をアピールしていくことが大事になってくると思います。

もちろん、その部分をアピールすることが出来たら、地元愛の強さをアピールすることはマイナスになることはないでしょう。

Uターン、Iターン転職時の注意点

Uターン、Iターン転職の際、まず注意すべきなのは転職活動の第一歩をどのように踏み出すかになってきます。

転職するのが初めての人などは、両親のアドバイスを聞いて、地元のハローワークで職探しをする人が多いのですが、はっきり言ってハローワークはおすすめできません。

一度ハローワークで求人を探してみるとわかりますが、正社員転職を考えている場合、今よりも待遇の良い求人はほとんど見つからないと言っても過言ではありません。

人口の多くないエリアのハローワークではなおさらです。

おすすめなのは、転職エージェントを活用した転職活動です。

転職活動を全力でサポートしてくれるキャリアアドバイザー・コンサルタントが担当についてくれるため、わからないことや不安なことを都度解消しながら転職活動をすすめることができます。

新卒3年目ぐらいで転職を考えている求職者の場合、「第二新卒の転職に強い転職エージェント」を中心に活用し、経験者採用を考えている20代後半から40歳位までの求職者であれば、こちらの転職エージェントの3つ程度に登録して転職活動をすすめれば良いでしょう。

Uターン、Iターンの際、知り合いのツテを利用したコネ転職を考えている人もいらっしゃるかと思いますが、紹介された会社が優良企業であれば良いのですが、自分でも納得のいかない企業を紹介されて入社してしまうと、転職に失敗したときのリカバリーが難しくなります。

地元での就職ですし、紹介者の顔をつぶすことにもなるため、コネ転職に勝算がある場合を除いては、まずは自分の力で転職活動するのが良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ