ブラック企業に入らない方法 | 転職エージェントの選び方
ブラック企業に入らない方法

ブラック企業に入らない方法

ブラック企業に入らない方法

ブラック企業に入らない方法
万が一ブラック企業に入ってしまったら、精神を病んでしまう前に、今すぐ転職エージェントを使って転職先を見つけ、ブラック企業からおさらばするのが基本です。
そのような企業に未来はなく、会社の将来を信じて、命を削って働く意味が全くないからです。
ブラック企業は基本的に社員を人間だとは思っていませんので、人権を持っている一人間として扱ってもらえません。使い捨て出来る対象物としか思っていないのでしょう。

なんでブラック企業なんてあるの?

そもそも社会ブラック企業が社会問題になっていますが、そもそもなんでブラック企業なんて存在しているのでしょうか。

ブラック企業が存在している背景ですが、不要とされてるサービス、低品質なサービスを無理やり売ろうとしている会社としての姿勢がそもそも根幹にある気がします。

社長のレベルが低くて頭も悪いから、他社の猿真似しかできず時代遅れで需要の少ないサービスしか提供できないんですよね。
需要が少ないサービスが売れるはずもなく、その結果社員に常識を逸脱した、体力的にも精神的にも看過できないレベルの無理をさせてしまうことになるんです。

だって、売れないものを何とか売ってこい!!って言われても、社員は参ってしまいますよね。
精神的に追い詰められ、過労死してしまう危険もあります。
売れるような事業、需要のあるサービスを展開しない会社側が無能だと言わざるを得ません。

どの企業も作っているような低品質なサービスだと、価格競争にも巻き込まれてしまうため、低価格にしたぶん数を売る必要が出てきて、これまた社員に大きな負担を強いてしまいます。

つまり、ブラック企業というのは、総じて経営者のレベルがどこも低い(高いのは自己評価のみ)というのが共通点だといえると思います。

ブラック企業に入らない究極の方法とは

ブラック企業は入ってはいけません。
そのためにも、まずはブラック企業かどうかを見極めましょう。
ブラック企業には、似通った特徴があります。

1.オーナー社長の外面がよく、どこか言ってることも宗教じみている。
2.会社の規模を考えると、不自然な数の大量採用を時々行う。
3.新入社員の離職率が以上に高い
4.コアサービスが、どこにでもできる参入障壁の低いサービス
5.自称ベンチャー企業だが、ここ何年も売り上げに大きな変化がない。
6.経営者が、自らが徹夜したエピソードを自慢げに語る傾向アリ。

企業側は、会社のホームページ以外に、ツイッターやフェイスブックでも情報発信をしているので、入社や転職を検討段階で会社の状況をチェックしやすいと思います。

そして、採用試験を受ける際にも、必ずブラック企業なのかをチェックするようにしてみてください。

またおすすめなのが、転職エージェントを利用して、担当のキャリアエージェントに、応募先の企業情報を詳細にヒアリングするという方法です。

転職エージェントのCA(キャリアエージェント)は、求人企業に精通しており、詳細情報を多く持っていることが多いです。

この企業ブラック企業じゃないですよね?

ってストレートに聞いても、答えにくいと思うので、上記のポイントをそれとなく聞いてみましょう。

年齢の若い人で、とにかくスキルやキャリアを短期間で積みたいって人であれば、ブラック企業も検討の余地はあるかもしれませんが、30才を超えてこのような会社に転職してしまうと、地獄のような日々が待っていますので、入社前に必ず、相手先企業の研究を怠らないように気を付けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ