マタハラ企業が日本少子化の原因!事例と対策 | 転職エージェントの選び方
マタハラ企業が日本少子化の原因!事例と対策

マタハラ企業が日本少子化の原因!事例と対策

マタハラ企業が日本少子化の原因!事例と対策

マタハラ企業が日本少子化の原因!事例と対策マタハラという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

マタハラとは妊娠、出産、育児などを背景に、働いている女性に対して精神的、また肉体的な嫌がらせを行うことです。

マタニティハラスメントという言葉の方がなじみがあるでしょうか。

マタハラを受けた結果、その女性は自主退職を強要されたり、挙句の果てには「解雇」されたりと、働きづらい状態へと追い込まれてしまいます。

転職活動における妊婦、育児中の女性に対する雇い止めもマタハラの典型的な事例ですね。

このようなマタハラは、厚生労働省の調査によると、およそ2割の女性社員(派遣社員に至っては約5割)が被害を受けたことがあるという結果も出ているほど深刻化しており、早急なマタハラ対策が求められています。

日本の少子化問題もマタハラが大きく関係している

もちろん、マタハラの問題は働く女性に対して深刻な問題なのですが、マクロの視点で見ると、日本全体に大きく悪影響を及ぼしていることも忘れてはいけません。

どういうことかと言うと、マタハラが妊娠中の女性、出産中の女性を働きづらい環境に追い込んでしまい、妊娠した女性が流産しまったり、第二子を作る余力を奪ってしまったりと、子供を多く生む環境を阻害している悪因となっているということです。

また子持ちの女性が働きづらい環境を作り出すという意味で、マタハラは「晩婚化」を促進させ、しまいには「一生涯独身の女性」「子供が欲しくても作らない女性」を増やしてしまうことにも大きく影響しています。

日本で会社を経営している社長は、日本の少子化問題もマタハラが大きく関係しているということを十分に認識して、マタハラ対策に心して取り組んでください。

マタハラを通じて少子高齢化に寄与しているということになれば、あたりまえですがその企業は日本国を裏切る背信行為をしてくるということになりかねません。

マタハラの典型的な事例とは

いろいろなマタハラが無数に存在しますが、それらを典型的な事例として大きなグループ分けをすることは可能です。

よくあるマタハラの事例としては、

  • パワハラに似た「直接圧力をかけてくる」タイプのマタハラ
  • あの手この手で「何とか会社を辞めさせよう」と画策するタイプのマタハラ

の大きく2つに分けられるのではないかと感じています。

要は「妊婦」や「出産直後の女性」や「子持ちの女性」は戦力にならないから、何とか会社から追い出そうというのがマタハラを考えている輩のゴール地点ではないかと感じています。

マタハラは、パワハラ、セクハラなどあらゆるハラスメントをハイブリッドさせたものが多く、受けた当事者の女性の受けた心の傷は察して余りあると感じます。

マタハラの噂が立つと、簡単にブラック企業に認定されます

マタハラが蔓延している企業は100%ブラック企業で間違いないです。

そもそもブラック企業というのは、給料が低い、休みが少ない、残業が多い、パワハラが多い企業というイメージが大きいですが、要するに社員が働きづらい会社のことです。

マタハラが蔓延している企業は、働く女性にとってまさに最低最悪の企業になるため、女性にとってのブラック企業です。

そして、女性が敬遠する会社に男性が入りたいわけないですよね。

つまり、会社側もブラック企業としての悪評を立てられないためにも、マタハラ対策をしっかりと行う必要があるということです。

パワハラやセクハラ同様、マタハラは加害者の意図は全く関係なく、被害者の女性が妊娠・出産・育児に関することで、不快感を感じれば、それらは全てマタハラですので、会社全体として本格的に取り組まなくてはマタハラの根絶は難しいでしょう。

マタハラが蔓延している会社で働いている女性は、女性の転職に強い転職エージェントを使って、早めに優良ホワイト企業に転職することをおすすめします。

マタハラの加害者は被害者の女性とその家族から一生恨まれます

「自分は男だから、マタハラされる心配はないし安心だな」

なんて思わないでくださいね。

マタハラの加害者に直接的に、また間接的に加担していませんか?

マタハラを原因に、流産した女性や家庭崩壊に追い込まれた女性もいます。

もしあなたがマタハラの加害者であれば、あなたの行ったマタハラがその女性の人生を壊したということです。

一生そのマタハラを受けた女性、あるいはその女性の夫に恨まれつづけることになることを覚悟してください。

マタハラしてきた奴の顔も名前も悪い意味で一生忘れることはできないでしょう。

つまり、弱い立場の妊婦や小さな子供を持つ母親に対するマタハラを絶対にするなということです。

マタハラする男性のわかりやすい特徴

マタハラする男性にはわかりやすい特徴があります。

私が知っているだけでも、「中小零細企業の高圧的なオーナー社長」と「強い立場の人間にはゴマをすり媚を売り、弱い立場の人間にはとことん厳しい態度で接するしがない男」の数人の顔がすぐに思いうかびます。

見栄っ張りで外ヅラだけ良く見せるタイプの男性にマタハラしてくるのが多いため、女性のみなさんは注意してください。

マタハラする男が日本からいなくなって、日本全体が妊婦や子育て中の主婦にとって働きやすい環境になることを強く願っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ